気付いて下仁田ネギちなわいは深谷ネギ派。

 気付いてしもたンゴね~

 

 そう、ヒロプラさんというかここの運営さんのところ投稿サイト(他にfujossy,Petit Princess等)はページごとにリアクションボタンがふれるということ…これはどういうことかというと1話完結を集めたものならこの話が良かった!ということになるわけで。長編となると、「ここまでの流れが泣きマークだった」「この部分が炎マークだった」「このキャラクター出てきたからハートマークだった」という様々な可能性があるわけでして。コメントってのはめちゃくっちゃドルハー(ハードルのこと)が高い。良くも悪くもコメントがないのが感想、この感情は言語化できない、言語化するのは苦手ンゴ、作者と通じるのはなんか野暮い、様々な事情があるわけですわ。あと作者によっちゃ個々の解釈絶許(絶対許さないの意)の人もいる。くしゃみや下痢のように肉体的反射・排泄欲のようにたとえ作者が目を通さなくても感想書かないと気が済まないンゴね~というこだわりがある人もいる。

 

 多少のニュアンスの違いはあれど、ある程度記号化されて分類された簡易的な感想、それがリアクションボタン。素晴らしくないか。素晴らしいですよ。運営さん!素晴らしい!わたくしは感想をいただくのめっちゃくちゃ苦手ながらも、ある程度受け取り手はどんな風に思うんや?と気にならないでもないので、このリアクションボタンは最the高。素晴らし過ぎて杉の木生える。なんで感想もらうの苦手なんすかって話は自分語りになるんですけれども隙無くても自分語り無理矢理ぶっこむと、媚びるからです。感想の通りにしなくてはいけないのでゎ…?みたいな。意識しちゃうからですね。あと普通にdisられるの怖いから。感想もらいたい人多いみたいだけれどもdisられないとは限らないやんけ。感想募っておきながらdisにはスルー・ブロックはちょっとなんかみっともなさみを感じてしまうんで、そりならdisコメ見たくないので最初からお褒めの言葉もいただかん、みたいな。

 

 このリアクションボタンの良さみが引き出せるのは或いは1話完結物集なのやも分からんってところで詩集を連載します。長編ドバドバ掲載するのがあれなのと、未完結短編集もちょっとまだ1話辺りの文字数を考慮してない頃だったので1ページに2万字入ってたりするところがあってどうするか検討中。

 

 何の話してたか忘れた。

 

 時に、ユーザーの多いBL投稿姉妹サイトのほうはこのリアクションボタンがさらにリニューアルしてるんや…(シー!その話はシー!)なんとひとつのリアクションに(シー!です!)1~5まで付けられるんですよ(だからシー!ですってば!)ということはMAX1つのリアクションボタンに5段階×6分ですよ、あたしゃ数字弱いんで計算しませんけれども。30じゃね。とはいえこれはサイトの特色によってリアクションボタンの分類違うんですけど。ここは心電図マークと炎マークありますけれどもあちらさんは尊いマークになっていますし。

 

 ンでもな、大人には便利な言い回しがあるんや。

 

 

 

 

 

 よそはよそ!うちはうち!(いうても姉妹サイトやぞ)

1月7日