1 / 8

第1話

この物語を進める上で1つ、言っておきたいことがある。 誰しもが忘れてしまいたい記憶というものを何かしら持っているものだ。 それは些細な事なのか、はたまた重大な事なのか...。 それは実際に掘り起こしてみない事には分からないが、封じ込めたその記憶を掘り起こす事は今後の自分の人生にとってかならずや大きなスパイスとなってくれるだろう。 ーーーーーーーーーーー ○ーーーーーーーーー 負け組。そんな風に呼ばれるようになったのはいつからだったであろうか。 私は地元の公立高校を落ちて仕方なく私立高校に通った。 学生時代はロクに勉強もせず、特に部活というものもやらずになんとなく過ごし学校のコネで大学に進学した。 私の通う大学自体はそれほど低いランクの大学ではないが、私のいる学部はどうやら大学の足を引っ張っているらしい。 大学に入ってからは。 などと意気込んだ時期もあったが今やダラダラと講義に出たり出なかったりの日々。 つくづく思う、いつからだったであろうかカラの破り方を忘れた蛹のようになってしまったのは。 そして残酷な事にもシャンと背筋を立てまっとうな人生を送っている人間にも、私のような堕落した人間にも時間だけは平等にすぎるものだ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!