1 / 3

第1話 嗚呼、死んでしまうとは(本当に)なさけない 1

ハア、ハア、ハア………… ウッ……………グッ……… ひぐっ………ひぐっ…………痛い 痛くて辛くて涙が出る……… でも、でもあの強盗を追わなければっ……… 追わなければ…………… 避けなければっ………避けなければ私――フリードニーニ・マクスィの明日がっ……………! ドテッ あ…………転んだ、ダメだ、私、死んだ、コレ。 ………………嗚呼、目の前が暗くなっていく……… 確か……今日は初期化(フォーマット)の日……何時だっけな……………………ぁ……………………  『犬死に娘』と言う二つ名で呼ばれていたほぼ落ちこぼれ同然の警官、フリードニーニ・マクスィ巡査は追跡していた強盗に隙を突かれ、あっけなくナイフで胸部を刺されて死んだ…………… 、『死』と言う名のになってしまった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!