13 / 130

第13話「生成」

 ウルは外へ飛び出す。  メイルは「やれやれ」と言うものの、引き止めはしなかった。 「出てこいって! 俺が相手になってやる!」 「バカ! わざわざ相手を呼び出してどうする。今の僕たちに、あの男と戦う術はないんだぞ」 「さっき話してたじゃないか。コアだ、修業だって」 「まだ僕はできない」 「早くしろって。いつまた現れるか知れねえ」 「簡単に言うんじゃない。そんな簡単じゃないぞ、(コア)は」 「何弱気になってんだって。昨日、俺に偉そうに言ってただろう。『僕に不可能はない』って」 「うるさい。事情が変わったんだ」 「ふーん。安い自信だな。本当にプライドが高いだけの口だけ野郎だったわけか」  メイルの拳が、ウルの目前で止まる。ウルは微動だにせず、メイルは力を抜いてはいない。メイルの拳を止めたのはダイだった。 「怒りに任せて力を振るう。正直、彼の言う通りだ」 「ダイ!」 「相手の動きを封じるのが、俺の(コア)の能力。その気になれば、お前の心臓に穴を開けることだってできる」  ウルが先ほど使っていた棒を得意気に振り回すダイ。彼の目は本気だった。メイルは奥歯を噛み締めながらも渋々引き下がる。 「悪いね、俺の弟子が。詫びをする」 「いいって。俺にも落ち度はある。お互いカッとなっちまっただけって。ありがとう、友達を止めてくれて」  ウルが頭を下げた。それを見たダイは面を食らった。同い年の人間に頭を下げられたことなど初めてだったからだ。対応に困ったダイは思わず頭を下げる。  そんな二人を見て、カッとなっていた自分が恥ずかしくなるメイルであった。 ※ ※ ※  宿で眠っていたティタだったが夕方には目を覚まし、ショウのコーヒーを飲みながら寛いでいた。 「すっかり元気そうで何よりだよ。お嬢ちゃんに万が一があったら、ワシは生きた心地がせんもんの」 「大袈裟だよ、ショウさん。私、結構身体は丈夫なんですから」  ティタはコーヒーを飲み終えると身体を動かし始める。じっとしているのが苦手な性分なのだろう。 「実はね、私、夢を見たんだよ。階段が無くて困っているところに私が現れて、ちょちょいのちょいで階段を作っちゃうの。夢とはいえ、感謝されるのは嬉しかったよ」 (階段を作った……じゃと!?)  ショウはティタの手を握りしめて考える。ティタの瞳は変わりなく眩しい。 「お嬢ちゃん。もしかしたら……もしかしたらじゃ!」 「はい?」  何かを確信したショウは、ティタの手を握ったまま外に出る。おもむろに石を拾うと、ティタに石を差し出した。 「な、何ですか?」 「お嬢ちゃん。この石を砂利にしてみるのだ」 「へ? いきなり何を?」 「さあ、騙されたと思っての」  ティタは石を握りしめる。ショウの言っていることには意味がある。そう信じて。  ティタの掌に違和感が生まれる。さっきまでとは違った感触が。 「こ……これって!?」  パラパラと落ちていく細かい石。ショウに言われた通りにティタは実行できたのだ。 「成功じゃよ、お嬢ちゃん! それがお嬢ちゃんの(コア)の能力――生成じゃ!」 「生成?」 「一から、新たな一を作れる能力。お嬢ちゃんは石から砂利を作り出したじゃ。これからもっと修業を重ねれば、もっともっと凄いものを生成できるのじゃ!」 「私の……能力!」  ティタとショウは両手を繋いで喜びあう。そんな二人は、きっと端から見れば祖父と孫だろう。  夕陽が優しく二人を照らしていた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!