12 / 130

第12話「集まって」

 腹部の痛みに耐えながら宿へと向かっていたウルの視界に、見覚えのある姿が映る。 「メイル!?」 「ウル!?」 「偶然だ。俺、この宿に泊まるんだ」 「なに? 僕は昨日から泊まっているが」 「え!?」 「君、昨日はどこで一夜を」 「……途中の森で野宿……」 「な、なんだと!?」  ウルの発言にメイルは唖然とした。まさか野宿をしているとは思いもしなかったからだ。まして、メイルは昨日の時点で街に着いていたため、尚更驚いている。 「いやあ。最初はどうかと思ったけど、言うほど悪くもなかったな」 「君には危機感というのがないのか! 旅立った当日に野宿とは無謀にもほどがあるぞ」 「心配してくれてるのか?」 「だ、誰がするもんか!」  即答で返すメイル。それを聞いたウルは「ふーん」という素っ気ない態度。  ウルは手に持っていた猫缶を見るや「ちょっと悪い」と言い残して宿へと入っていった。 「ちっ。相変わらず勝手なやつだ。僕が珍しく心配をしてやればこれだ」  その場で立ち尽くすメイルだったが、自分に向かってくる少女と老人に気づいた。 「君もこの街にいたんだな」 「君も、て?」 「ウルもいるんだ。今、ここの宿に入っていったんだが」 「奇遇だね。私もここに泊まってるんだよ。だったら声をかけてくれてもいいのに」 「いや、それが……昨日は野宿だったみたいなんだ。僕もさっき聞かされたんだが」  野宿という単語を聞いた瞬間、ティタの表情が青ざめていく。それを見たメイルはあわてふためく。 「あ、あ、安心するんだティタ! アイツは元気そうだったから!」 「そう……なんだ……よかったあ!」  ふぅーと肩の力を抜くと、ティタはショウに背中を預けた。相当疲れが溜まっていたのだろう。 「おやおや。修業で結構な体力を消耗してしまったらしいの。部屋に戻るとしようか」  ショウはティタをお姫様だっこして歩く。ティタは顔を思わず赤らめるが、そんなことをショウが気にする素振りはなかった。 「師匠!?」  宿に入ろうとするショウに声をかける少年。  ショウもまた、その少年を見て目を丸くする。 「ダイではないか!  久しいの!」 「はい! 師匠こそ変わりなく安心しました」 「これでも歳は取っておるよ。おっと、お嬢ちゃんを部屋に寝かせたいのだ。少し待っておくれ」  宿に入っていくショウの背中を見つめるダイの目は、自分に修業をつけているときの彼とは違うとメイルは思った。 「そっちの師弟関係は良好のようだな」 「師匠は偉大なんだ。今の俺は師匠なくして語れない。だってあのときに――」 「――いや、そこまで誰も訊いてないぞ」  やんわりと話を遮り、戻ってくるのを待つ。ショウ、ウルの順で戻ってきた。 「二人共、部屋で話さぬか。お嬢ちゃんを一人にしておくのは不安での」 「はい師匠!」 「構わないぞ」  メイルとダイも宿へと入っていく。ショウの取った部屋に集まる。すぐさま話題になったのは、“左目を閉じた少年”だった。 「思い出すだけでムカつく!」  感情を露にするウル。  メイル、ダイ、ショウの三人は、ウルの愚痴を黙って聞いていた。 ※ ※ ※ 「はあ! はあ!」 「気は済んだか? 珍しく愚痴を溢したと思ったら、三十分以上も話をするとは。まあ、今の話を聞いた分だと、やはり、ただ者ではないみたいだ」 「俺を見る目は冷たかったねえ。闇を抱えている感じを受けた」 「いーや! あの目は人をバカにした目だ。左目の金色が気に食わないって!」 「「金色!?」」  ウルの言葉にダイとショウが反応した。二人の表情が、みるみる暗くなっていく。 「どうしたんだ?」  メイルがダイの様子に不安を覚える。 「もしかしたら、左目は核師(コアマスター)かもしれん。だとすればヤバいね」 「核師(コアマスター)?」 「(コア)を使う者をそう呼ぶんだ。お前だって修業すればそうなる」 「何のことだ?」  (コア)のことを知らないウルは、話に付いていけていない。それでも話は続いていく。 「それもおそらく瞳術じゃ。厄介じゃの」 「瞳術だと?」 「(コア)には色々と種類があるのだが、瞳術はその中でも厄介での。一筋縄ではいかんかもの」  ショウの言葉に黙ってダイは頷いている。ダイの表情が、メイルに全てを悟らせた。 「僕達には何も手立てはないのですか」 「否定も肯定もできぬ」 「師匠。なんとなくですが、左目はまた現れます。そんな気がするのです」 「お前さんの予感は当たるからの。警戒は必要かもしれん」 「次会ったら容赦しねえって!」  ウルは闘志を燃やしていた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!