11 / 130

第11話「目を開ける者、閉じる者」

 一夜明け、ティタはショウと共に建物の屋上へと来ていた。 「高い場所の風は気持ちいいの。そうは思わないかね? お嬢ちゃん」 「はい。なんというか、風に新鮮さを感じます」 「ほう。面白い例えをするの。ワシにもいい感性があれば、いい例えができるのだが」  蓄えている髭を触りながら考えるショウ。  風を受けるたびにティタの茶髪が揺れる。静かに時間だけが過ぎていく。 「あのー」 「……おっ!? こりゃあすまない。お嬢ちゃんの修業のために来たのにの」 「私は何をしたらいいの?」 「お嬢ちゃん、目を閉じて。立ったままだよ」 「わ、分かりました」  ショウに言われた通り目を閉じる。彼女の視界は真っ暗になり、情報は音だけになる。 「お嬢ちゃん、何か見えたかね」 「い……いえ……何も見えないです」 「そう。それが当然の結果じゃ」 「え?」  ショウの考えが分からず困る。  その様子を見ながら、ショウは笑みを浮かる。 「そのまま両手を合わせてごらん」  言われるがままに両手を合わせるティタだが、状況は一切変わらない。いくらショウの指示とはいえ、訳の分からないことを続ければ疑問が湧く。 「この行為は修業になってるの?」 「どういうことかな?」 「私、何か変化が起きると思っていたのにまったく何も変わってない。流石に疑問が湧きます」 「お嬢ちゃん。そこまで言うのなら目を開けて構わないよ。両手も離していい」  ショウの許しを得たティタは目を開けようとする。が、目は開かず、合わせていた両手も離れない。 「ど、どうして!?」  焦りからか額に汗が吹き出す。自分の身体なのに自分の思い通りにならない。ティタはどうすることも出来ずにしゃがんでしまう。 「諦めてしまうのかね。そのままでは、一生不自由なままだ。それでもいいのかね」 「嫌です……こんな……!」 「諦めては駄目だ。お嬢ちゃんが諦めたらそれまでだよ。ワシの顔を見てみなさい」  そう言われても開けない目。離れない両手。その状況に追い込まれ、遂にティタが涙を流した。 「……わ……たし」  ティタの視界に光が戻る。両手も離れて自由になる。  訳が分からず混乱するティタの頭を優しく撫でたショウは、ティタに笑顔を見せた。 「お嬢ちゃんの涙が、全てを溶かしてくれたようだ。よかったの」 「いったい、何がどうなって!?」 「すまんの。(コア)を目覚めさせるのに手っ取り早い方法じゃったんだ。けど、まさかお嬢ちゃんを泣かせることになるとは思わなかったんだ」 「私なら大丈夫です。それで……」 「無事に(コア)を得ただろう。得るだけなら苦労は少ないんじゃ。大変なのはこれからだがの」 (私、(コア)を習得したの? 全然実感ないよ) 「……なにやら下が騒がしいようだ。誰かが暴れているのかね」 「え!?」 「安心なさい。ワシが守ってあげるからの」 「はい」  暫くすると地上は静かになった。騒ぎの元凶が姿を眩ませたらしい。  そのことを確認したショウは、ティタを連れて地上に降りた。 「なるほどの。左目を閉じた少年がの」 「物騒だよ」 「心配ない。ワシが守る」 「はい!」  今一度そのことを互いに確認する二人。二人はそのまま買い物を済ませることにした。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!