9 / 130

第9話「謎の少年」

 昼食を済ませ宿を取ったウルは、街をふらついていた。 「ルーのご飯を買っとかないと」  猫のエサが売っている店を探して右往左往し、なんとか猫缶を見つけて買い物を済ませる。  ルーの喜ぶ顔を思い浮かべながら歩いていると、子どもが空を見上げていた。気になり訊くと、どうやら風船が建物に引っかかって困っているらしい。ウルはその建物の主人に理由を話して棒を借り、風船を取ってあげた。 「ほれ。もう離すなよ」 「うん! ありがとう、お兄ちゃん!」  子どもが礼を言って駆けていった。  ウルは、“お兄ちゃん”という言葉に優越感を覚える。 「さあて。ルーが待ってるって」  宿の方向に歩いていくが、そんなウルの前に突然、人が降りてきた。左目を閉じた少年が。 「危ないだろ!」 「…………」  ウルの言葉に耳を貸すつもりなどないのか、アクロバティックな行動を取りながら、少年は街中を進んでいく。 「テメエ、聞いてなかったのかって!」  少年を走りながら追いかけるが、超人的な動きをしている少年になかなか追いつけられないでいた。 「人の迷惑も考えろって!」  ウルが、先程借りた棒を少年に投げる。棒は少年の横をすり抜け落下した。 「……しつこい」 「ようやく耳を傾けやがったか。テメエ、普通に歩けって。あんな移動をされちゃ、街の人たちの迷惑だろう」 「迷惑だと?」 「そうだ。ここは公園じゃないんだ。そういうの考えたことないのか」 「くだらない」 「んだと!」 「オレがどこをどう行こうがオレの勝手だ。誰かに指図される筋合いはない」  少年は棒を拾うと、閉じていた左目を見開いた。少年の左目は金色に輝いている。 「ただの棒か」  少年は棒を投じた。棒はウルの腹部に抉りこむ。  一瞬の出来事に動揺するウル。腹部の痛みに耐えかねて膝をつく。 「避けなかったのか、はたまた避けられなかったのか。どちらにせよ大した奴じゃない。失せろ」 「うぅ……!?」  ウルは、少年の後ろ姿を眺めていることしかできなかった。悔しさをバネに痛みを堪え立ち上がる。  転がっていた棒の、少年が握っていた側が凹んでいた。 (何者なんだ!?)  ウルは痛みに耐えながら、宿屋へ歩いていくしかなかった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!