5 / 130

第5話「ライバル!?」

 ウルとティタと別れてから、メイルは颯爽と森を駆けていた。いや、そうせざるを得ないのだ。 (しつこい! いつまで追ってくるつもりだ。森に入ってからというもの……!)  メイルは振り返り止まる。人の姿は見当たらない。 「いったい誰だ! 僕に用があるなら出てこい!」  メイルは再び走りだす。森を抜けると、太陽の日差しが眩しく感じたのか、メイルは手で顔を覆う。 「……そろそろいいだろう。さあ、姿を見せるんだ!」  メイルが言うと、一人の少年が現れた。  しっかりと準備が整っているところから、この少年は最初からメイル狙いだということが分かった。 「僕に何の用だ。随分な執念だが」 「自分のライバルを忘れるとは、相変わらずの余裕ちゃんだ。俺のことも覚えてないのか」 「さあな。君みたいなやつ、僕は知らないし興味もない。一方的なライバル意識はやめてもらいたい」 「一方的!? 俺の勝手な片想いだと言いたいのか!」 「自覚してるのなら話は早い。僕は、君に興味も関心もない」 「待て! まだ話は終わってない」 「僕の話は終わったぞ」  メイルは呆れた様子で走っていく。  少年も諦めた様子はなく、相変わらず付いてくる。 「まったく、面倒な奴だ。勝手にしろ」 「当たり前だ。ライバルを目の前にして逃げる奴を見逃すわけにはいかない」  メイルと少年は一定の距離を保ちながら、小さな広場へとやってきた。そこから街が見える。メイルは呼吸を整えた。 「よし、街までもう少しだ」  メイルは走りだす。人との遭遇はなく、静かな道を辿るだけ。街との距離が縮むたびに街の賑わいが聞こえてくる。その賑わいに交わるべく、メイルは足を止めることはしなかった。呼吸は荒くなっても、心臓の鼓動が速まっても。そうしてメイルは街へと到着した。祭りでもあるかのような賑わいをみせる街中へ。 「僕に付いてくるのなら、僕の邪魔はしないでくれ。僕は、君の事を関知しない。どうなっても知らない。じゃあな」 「待て、我がライバルよ。俺の名前はダイ!」 「ふん」  メイルは素知らぬ顔で街中へと溶けていった。  ダイも負けじと溶けていく。無視をされ続けながら。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!