1 / 130

第1話「旅立ち」

 緑豊かに芝が生い茂り、鳥は空を舞う。  健気に咲き誇る小さき花はなによりも可憐である。  そんな場所で三人の子どもが身支度を終えて集まっていた。 「ふぁ~。たくっ、俺はまだ眠いってんだ」  黒髪の少年は眠い目を擦りながら訴える。名前はウル。これから旅立つというのに、その格好は散歩の装いだ。 「だらしないよ。今朝だって私が起こしに来なかったら起きなかったくせに。今日がどういう日か分かってるの?」  茶髪を肩まで伸ばした少女が腰に手を当てて説教をしている。名前はティタ。この旅にかける意気込みと真剣さが伝わってくる。 「そいつに今更何を言ったって無駄だ。いつまでも甘やかしていると、そいつのためにならんぞ」  銀髪の輝きが眩しい少年は呆れている様子。名前はメイル。 「んだと! テメエだってティタに起こしてもらったくせに。 俺らと同い年のくせに、上から目線も大概にしろってんだ」 「ふん。僕と同い年にお前みたいなやつがいると思うと情けない」 「はあ……情けない。大の男が揃いも揃ってくだらない背比べ。私には、ウルもアンタも大差ないよ」  ティタは背負っていたリュックから地図を取り出すと、棒立ちの二人に渡した。 「二人共、なかなか起きないんだから。送迎書も地図も私がもらってきちゃったよ!」 「「す……すみませんでした」」  ウルもメイルも言い返す言葉がなかった。 「いい? 二人共。私たちは国の習わしに従って旅に出るの。三年間、自分の力で過ごさなきゃいけないの。誰かを頼るにしても自分で交渉しなきゃいけないの。この街から一人で出たことのない私たちがよ。分かってる?」 「んなの分かってるに決まってるだろ。俺だってそこまでバカじゃない」 「ふーん。半袖短パンの格好で分かってるだなんて言われてもなんだけど?」  ティタはどこか楽しんでいる。  からかわれていることに気づいていないウルは、歯軋りをしつつ耐えるのが精一杯のようだ。 「そいつから、この旅にかける意気込みを感じない。服装までティタの世話になるつもりか? ウル」 「アンタも他人のこと言えないよ、メイル。 格好はまあまあだけど荷物が見当たらないじゃない。もしかして手ぶらで行く気なの?」 「僕に荷物は不要。心配など結構さ」  銀髪を掻き分けて誇るメイル。そんなメイルを見て、ティタは深い溜め息をついた。 「こんなとこにいつまでもいたかねえよ。さっさと出発しようぜ」 「まったく。アンタは感傷に浸らないの?」 「永遠に帰れないわけじゃないんだ。そんな時間がもったいないって」  今にも走り出しそうなウル。そこは十歳の男の子。見えない恐怖より好奇心の方が勝っているらしい。 「ホント……男ってバカ。この世に永遠なんてないことくらい私だって知ってるよ」  ティタはリュックを背負い直して送迎書を読む。 『子どもたちよ。この書を受け取ったその日から、君たちの精進の儀は始まっている。楽しいことも苦しいこともあることだろう。それを乗り越えて三年後、心身共に逞しくなった姿を是非とも見せてほしい。健闘を祈る』 「よし!」 「どした?」  ティタが送迎書を見ていると、ウルが顔を覗かせる。 「アンタねっ!?」 「顔、赤いぞ。大丈夫かよ?」 「ウルに心配されるほど、私は落ちぶれちゃいないよっ」  すぐに平静を装うティタだが、心臓はバクバクしていた。実は、ウルのことを異性として意識している。だが、そんなことを言い出せるはずはなく今日に至る。三年後、心身共に成長したとき、想いを伝えようと思っている。 「僕もウルの意見に賛成さ。いつまでも未練たらしくいるのはどうかと思う。さっさと出発しよう」 「……分かったよ」  芝生を歩いていくと、道が三方向に分かれていた。  三人は立ち止まる。ここで別れることになるからだ。旅をしていれば、どこかで会えるかもしれないが、それがいつかは分からない。 「本当にバラバラで行くのかよ。一緒でもいいんじゃないか?」 「ウル、もしかして怖いのか?」 「そう言うテメエこそどうなんだ? メイル」 「はあ……アンタらね、覚悟は出来てるのよね? ゴチャゴチャ言わずに選んで進む!」  ティタが二人の背中を押す。左にウル、右にメイル、残った真ん中にティタが立つ。 「これでよし。もう後戻りはできないよ。私たちは前に進む。いい?」 「当たり前だ」 「ふん。当然だ」  三人は揃って一歩を踏み出すと、そのままその場を離れていく。少年少女の旅が始まった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!