130 / 130

第130話「まだ見ぬ未来へ」

「何泣いてるんだって?」 「アンタには分からないよ!」 「泣いてるやつの気持ちなんか分かんないって」 「いいもん」  グズッと涙を溜めながら顔を上げる。  自分の背丈よりも遥かに高い木の枝に、お気に入りの帽子が引っかかっている。ツーッと流れる涙。 「帽子、飛ばされたのか」 「アンタには関係ないよ」 「このまま友達が泣いているのを放っておけって? それこそ無理って。絶対に後悔するから」  黒髪を靡かせて登っていく。器用に足をかけ、手を伸ばして枝を掴む。迷いなく登っていく姿にすっかり涙は引っ込んでいた。 「ほれって」 「あ、ありがとっ」  クイッと帽子を被る。目深に被った状態で顔を見ようと試みる。視線が合って反射的に逸らす。 「俺の顔に何か付いてるって?」 「何もないよっ! 大丈夫!」 「そっか。どうやら泣き止んだみたいだな。お前に泣き顔は似合わないって。笑っているほうが“らしい”って」  そのとき、幼い少女に芽生えた感情。それこそがティタの恋だった。 ※ ※ ※ 「……また、だ。これでもう何回目」  夢を見ては泣いている。  ウルがいなくなってから、既に半年が経っていた。  慣れることのない日々。ぽっかりと心に空いた穴はどうしようもない。 「ティタ、大丈夫?」 「ごめんね、メリーちゃん。起こしちゃった?」 「アタチは起きてる時間だから。だけどティタ、まだ寝てていいしょ。どうみても寝不足」 「私なら大丈夫よ! この通り……」 「無理しちゃ駄目。心、ここにあらずしょ」 「……まいったなあ。メリーちゃんの意地悪」 「ティタに泣かれてたら目覚めが悪いだけ。元気だして」 「うん。ありがと」  精一杯なティタの笑顔。誰が見ても笑っていないのが分かる笑顔。メリーの心に突き刺さる笑顔。  部屋を出て食堂へ。朝食を先に食べているメイルとメルと合流する。ティタの食欲は落ちていた。理由は分かりきっていた。 「ちゃんと食べないと駄目なのだよ!? また痩せたんじゃない」 「変わらないよメルちゃん。大袈裟だよ」 「ボクの気のせいならいいけど」  ティタの変化には、メイルもメリーも気づいていた。以前よりも痩せている。以前よりも疲れやすくなっている。髪は傷み、身なりにも無頓着になっていた。 「そんな姿で会えるのか、アイツに」 「会えるわけないよ。死んでるんだもん」 「勝手に決めるんじゃない。君が真っ先に諦めてどうするんだ」 「もう半年……半年だよ。そのあいだ、何か手がかりは有った? 目撃者はいた? 声を聞いた人は? ……何にもないじゃない! それでも諦めるなってのは酷よ!」  テーブルを叩きつけて立ち去るティタ。  ろくに手を付けなかった朝食だけが虚しく残されてしまった。 ※ ※ ※ 「何やってるんだろ、私。みんなに怒鳴ったってしょうがないのに」  冷たい風が吹く季節。吐く息は白く、寒さでどうにかなりそうだ。ティタは必死に掌を擦り合わせる。 「このまま凍え死ぬのもアリ、かも」  瞳を閉じて座り込む。動かないでいると身体の感覚を奪われていくのを実感していく。  夢の中でなら会える。ティタの支えであった夢であったが、見れば見るほど悲しみが募っていく。支えが支えでなくなった今、ティタの心は崩れていくだけだった。 (このまま……このまま……) ※ ※ ※  月日は流れ、さらにに半年。  精進の儀を迎えた子どもたちが次々と旅立っていく。そんな子どもたちの笑顔を眺めている大人がいた。 「今年もやってきましたね」 「例年よりも多いらしい。元気でなによりだ。そういえば少尉、あの子たちはどうしたのかね?」 「顔を出すと連絡がありましたが、どうでしょうか……ティタちゃんの状態も状態ですし」 「多少はよくなっていると聞いているがね。心を癒すのには時間がかかる。旅で少しずつでも癒えてくれればいいのだがね」 「大尉。実はリバルナ盗賊団の頭の目撃情報が有ったのですが。写真付きで」 「間違いない。リバルナの頭だ。孤立無援の状況でも活動しているとはね」 「その……そっちじゃありません」  キリナは、写真の一部分を指差した。  目を細めていたライドが驚く。 「彼、かね!?」 「確証はありません。ワタシの気のせいかもしれません」 「君の気のせいは充分に確証だよ。場所は分かるかね?」 「リイムだと聞きました」 「来たら知らせてやろう。ぬか喜びになってしまうかもしれん。それでも可能性があるのなら、そこに賭けてみようではないか」 ※ ※ ※ 「……どうだ?」 「いないのだよ!」  ロイズ司令部に顔を出したティタたちは、教えられた手がかりを頼りにリイムへと来ていた。  思い出のホテル、広場、街のあちこちを歩き回ったが、それらしき姿はなかった。 「メイル、メルちゃん。もういいよ」 「まだだぞ! まだ!」 「お墓は? 前に行ったお墓だしょ」 「ナイスだ! そこに賭けるしかない」  藁にもすがる思いで向かっていく。ショウとダイが眠る墓へ。 「これって!」  ティタは声を上げた。ショウとダイの墓の場所は、人目に付きにくいところにある。そんな墓に花束が供えられていたのだ。 「クシュン!!」 「メイル! こんなときにクシャミなんて」 「僕じゃないぞ!?」 「アタチでもないしょ」 「私も違うよ?」  誰もしてないクシャミ。気のせいだったのかと首を傾げたメル。墓に供えられた花束の花びらが風に乗って舞う。無意識に花びらを追うティタ。 「クシュン!!」 「あっ……」  花びらが落ちた先にクシャミの主はいた。  ショウとダイが導いたかのように。その姿を見たティタは涙を流す。悲しみではなく、嬉しさの涙を。 「くそォ……鼻がムズムズするって」 「ウル……ウル……」 「うん?」  ティタのことに気づいたウル。鼻を擦りながら、目を合わせたと同時に見開いた。  言葉を発しようと口を開くが、肝心の言葉が出てこない。言いたいことが多すぎるあまり、一つに絞れずにいた。 「あう~」 「どうしたんだって。言いたいことがあるんだろう?」 「だって……だって」 「俺から言っちゃうって。ただいま」  一つに絞れなかった言葉から、ようやく言葉を選んだティタは涙を拭って笑顔で応えた。 「おかえりなさい!!」 ※ ※ ※ 「異次元だと!?」 「ああ。目が覚めたら、知らない街にいた。セラテシムンとは違う文化に、違う景色で。『セラテシムンという国は存在しない』って言われたときは参ったけど、そこの国の人も温かくて。戻る方法を探しながら、違う世界を堪能してたってわけだ」 「人騒がせよ! 早く帰ってきてくれてもよかったじゃない!」 「上手く(コア)が使えなくって。こっちに戻ってこれたのは、二日前だしな」 「もう異次元には行けないのだよ?」 「分からないって。でもいつかは行きたいな。別れを伝えられなかったままだから」 「とりあえず無事でホントによかったよ。ホント……安心した」  ウルの手を握るティタ。その瞳は潤んでいる。何かを訴えるかのようにウルを見つめる。  空気を読んだ三人は席を外した。 「どうしたんだって?」 「バカ。一年も待たされたんだよ?」  ティタの唇がウルの唇と重なる。  握られた手をギュッとウルは握り返した。 ※ ※ ※ 「さーて! どこに行くの!」 「元気になったのだよ、ティタちゃん」 「ウルのお陰だ」 「アタチはどこでもいいしょ」 「うーん。ルーにも会いたいしなって」 「じゃあロイズ司令部よ。キリナさんになついてるみたいだよ」 「マジって!? 俺のこと、忘れてないかって!」  ウルが戻ってきたことにより、自然と明るさも戻ってきた。ウル、ティタ、メイル、メルにとっては最後の、メリーにとっては二度目の精進の儀の春。  五人揃っての精進の儀が再び、リイムから始まった。これから先どんな出会いが待っているのか。これから先、どんな出来事が待ち受けているのか。  出会いの数だけ物語がある。  別れの数だけ物語がある。  ときに笑って、ときに泣いて、ときに悩んで。  生きている限り、新しい発見が待っている。  精進の儀を通して、俺は現実の酸いも甘いも経験した。色んなものを手に入れた。友達、恋人、師匠……かけがえのない仲間を。(コア)という力を。この先、どんなことが待ち受けてるのかは分からない。けど、分からないから面白いんだと思う。  少しでも長く、みんなと旅をしていたい。  この国にはまだ、底なしの可能性(ボトムレス・ポテンシャリティ)が、あるはずだから。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

パーティ組んだはいいけど全員弓使い!戦争ばかりの世界で今日も楽しく生きますよ!
1
連載中/20話/59,819文字/0
2018年5月19日
愛と勇気が、絶望に屈する物語。
2
2
2
連載中/2話/17,048文字/0
2017年11月2日
解放を約した吸血鬼は世界を手にした。
連載中/4話/17,103文字/0
2017年11月23日
ほどほどの人間と、ちっぽけな怪物。たった二人、歩いてゆく
完結済/5話/15,835文字/-100
2017年12月10日
筒井と本田は漫画の神様手塚治虫について共感し、その偉業を讃えるのだった。
完結済/1話/1,336文字/0
2020年8月2日
NHKのエールと自分がストレスに晒されたので小説に昇華させてみました。
1
完結済/1話/482文字/0
2020年11月6日