50 / 130

第50話「繋がる腕」

 異空間から出てきた二人。ギルは穴を出現させて、ウルを囲む。穴から無数の刃が飛び出る。ギルはそれを見て高笑いした。 「傑作だ! 流石に不意討ち過ぎたかあ?」 ※ ※ ※ 「いいか! これ以上、軍の面目を潰すことは許されん! 一致団結し、指名手配犯を捕らえるのだ!」 「「ハッ!」」  応援に来た軍隊が、足並みを揃えて戦場へと駆けつけ、銃を揃えて構える。その銃口の先には指名手配が居た。引き金が引かれる。一斉に銃弾が発射された。 「何をやっているのですか! あそこには民間人もいるんです!」 「なんだ。どこの者だ?」 「ロイズ司令部・ライド隊所属、キリナ少尉です。今、申した通りです。あそこには民間人の少年がいるんです。銃撃を止めさせてください」 「ロイズか。違う司令部の人間が口を挟むな。我々は、我々の作戦を実行するまでだ」  止まることのない銃声。それは無情にも、ギルと戦っているウルにも向かっていた。 ※ ※ ※ 「なんだ? 何かが横切った?」  落下していくウル。飛べないことが逆に幸いし、ギルの攻撃を免れていたが、軍の銃撃に襲われていた。 「うっ!?」  肩に銃撃を受ける。肩だけではない。腹や足に銃撃を受け、力なく落ちていく。そのまま落下すれば、死に至るだろう。 (……痛てえ……)  朦朧(もうろう)とする意識。もう目を開けることはないだろうと悟った。が、その心配は微塵に消えた。 (あれ?) 「大丈夫なのだ?」  ウルの顔を覗く少女。その表情は、心配をしているというよりも、どこか不思議そうな顔をしている。 「お前は、誰だって?」 「ボクはメル。メイルの彼女なのだよ!」 「メイルの!? あ、いや……そんなことより」 「大丈夫なのだよ。ボクの能力で防いでいるから」 「能力? お前も核師(コアマスター)なのか?」 「うん。一定時間、自分の周りにバリアを張れるのだよ。今の限界は三分、それ以上は無理なのだよ」 「あとどんくらい?」 「うーん……一分」  飛んでくる銃弾を防いでいるものの、やはり限界なのだろう。バリアが消えかかっていた。それにより、銃弾がウルとメルを掠めていく。 「参ったのだよ。メイルとチューでもしとくのだったのだよ」 「こんなときに何を言っ――」 「――どうしたの……だああ!!」  ウルの左目を矢が突き刺していた。左目から涙のように血が流れている。メルのバリアも遂に消え、絶体絶命の状況に追い込まれていた。 「……何で矢が……」 「軍の仕業なのだよ。容疑者を捕まえるためなら、どんな手段も問わない司令部の軍隊。多少の巻き添えや犠牲も已むなしというわけなのだよ」 「お前だけでも逃げろって。こんなとこに立ってたら確実に死ぬ!」 「メイルの友達を置いてきぼりになんか出来ないのだよ。お姉ちゃんだってそうするはず」 「お姉ちゃん?」 「キリナ少尉は、ボクのお姉ちゃんなのだよ」 ※ ※ ※ 「うわあああ!!」 「我慢して! 痛いのは分かるけど、今は耐えるの!」 「うっー! 無茶苦茶だぞ、ティタ」 「今のアンタに残された希望よ。ギルの仕業だと思うけど、その無念を晴らしてあげなさいよ。はい!」  メイルの左腕が存在している。しかしそれは違う。ギルによって斬られた他人の腕。ティタが見つけて、それをメイルの左腕と繋いだのだ。 「私の能力じゃ、神経を繋ぐのがやっと。動けばラッキーよ。いい?」 「……上出来だぞ。ありがとう」  メイルは、ウルとメルのところにワープしていく。すると、ティタが倒れこんだ。 「ティタちゃん!」 「あの腕に見覚えがあります。私とウルが、この街で会おうとしていた人の腕に似ているんです。手の甲の傷……あれは……ダイの!」 ※ ※ ※ 「二人共!」 「「メイル!」」 「なんとか無事、じゃなさそうだな。とにかく離れるぞ」  メイルは、ウルとメルを連れてワープする。ウルの左目の状況に、メイルは目を背けたくなった。 「見なくていいって。傷なんて、見ていて気持ちのいいもんじゃない。それよか腕」 「ティタが繋いでくれたんだ」 「……そうか……」 「いくらなんでも、その目は」 「目まで世話になるわけにはいかないって」 「ティタに気を遣うのか」 「ティタじゃないって」  ウルは第六感で勘づいていた。その腕の主がダイであることを。あえてそれを口にはしなかった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!