49 / 130

第49話「レベルアップ」

 力なく剣先を地に着け項垂れる。その姿からは覇気を感じることはできなかった。ウルの変身が解け、黒い髪が瞳を隠す。隠れた瞳から、大粒の涙が溢れ落ちる。両膝を着いたウルの間近には鋭い刃が眩しく光る。触れれば最悪の事態も避けられない。 「腕を斬った……だと。こりゃあ傑作だ!」 「ギル! 動けば撃つわよ!」 「撃ってみろよ、ネエチャン。ネエチャンの身体に返ってくるぜ? うはは!」  ギルのワープを警戒して、撃つのを躊躇うキリナ。ギルならば、銃弾をワープさせてキリナに当てることなど朝飯前だろう。キリナの銃は重りと化していた。 「……随分と!」  ギルに向かって無数の刃が飛んできた。ギルは穴を出現させてワープで返す。  メイルも攻撃を繰り返す。飛んでは返す無数の刃。果てなく続くと思われたが、左腕の痛みに耐えきれず、メイルのワープが途絶えてしまう。そんな状況のなか、ギルの放った刃が、痛みに苦しむメイルに向かっていく。 (駄目だ! 痛みでどうにかなってしまう)  死を覚悟して目を閉じる。後ろにいるウルの壁くらいになってやろうと胸を張る。しかし、一向に攻撃は来ない。メイルが目を開けると、赤い炎が現れていた。 「ウル!?」 「さっきの借りを返したって……。剣、使わせてもらうな」 「なんだぁ。まだオレと戦う気か。懲りないやつらだ」 「簡単に懲りたりはしないって。俺は、俺の闘志が尽きるまで戦う!」 「お友達の左腕を斬り落とした剣でか?」 「意地でもテメエを捕まえてやる。大尉の面前で詫びさせてやるって!」 「バカなやつだ。大人しく震えてればよかったのによ」  ギルが穴から刃を飛ばせば、ウルは燃え盛る剣で薙ぎ払っていく。ギルの右腕がウルの首元を執拗に狙ってくる。  ウルは赤い炎でギルの攻撃をかわしていく。 「右腕に持ってる短剣で俺の首を掻っ斬ろうって算段だろうが……そうはいかねえって!」  ウルはメイルの剣に炎を纏わせる。そして、炎の刃としてギルに放った。 「!?」 (かかったって!)  穴から穴へとワープしたギルだったが、その先にはウルが待ち構えていた。ギルの左腕に剣を突き刺す。ギルはウルごと穴の中へ。軍隊にしたようにウルにもしようということなのだろう。 「瞳術使い以外は、この空間で自由は利かない。オレの独壇場ってわけだ!」 「く!?」  ウルの炎が弱まっていく。ウルとギルが消えたことを認識したキリナは、重傷のメイルへと駆け寄る。 「気をしっかり!」 「気はしっかりしてる……。けど流石にマズイ……!?」 (このままでは、出血多量で死んでしまうわ!) ※ ※ ※ 「街の人たち、大分避難したみたいよ」 「ティタちゃん?」 「メルちゃん。私、行くよ!」 「え、だってメイルは!」 「分かってる。けどね、私も核師(コアマスター)だから……行かないといけない」 「ボクだって、メイルの役に立ちたいのだよ。だけど、ボクが行ったら足手纏いになるのだよ。ボクだって核師(コアマスター)なのに!」 「メイルちゃんも核師(コアマスター)なの!?」 ※ ※ ※ 「ぐわあああ!!」 「いい声をあげるねえ。殴り甲斐がある」 (ヤバい。このまんまじゃ殺されるって) 「これが瞳術使いの怖さだ。異空間へと相手を閉じ込めてボコる。次元をねじ曲げ、どんな距離でも追いかける。どんな相手だろうがな。うはは」 「……楽しいか?」 「あ?」 「そんなに殴って楽しいかって訊いてんだ」 「楽しいに決まってんだろ。じゃなきゃあ、さっさと殺してる」 「……ああそうかい。俺はもう、殴られすぎて冷めちまった……。お陰で頭も冴えてきた」 「今更か。いったい何ができる」 「『オレを燃やし尽くさなかったことを後悔するんだな』とか言ってたな。今度は、後悔しないように燃やしてやるって!」 「この空間では無理だ。身に染みたはずだ」 「たとえ(コア)を打ち消したとしても、俺の(コア)は絶対消えねぇー!」  ウルの身体を赤い炎が纏っていく。その炎は、どんどん燃え盛り熱を上げていく。 「この異空間で……何故だ!」  燃え盛る炎は高温を維持しながらウルの身体へと吸収されていく。逆立つウルの髪色が、赤から青へと変化する。そして、ウルの身体に青い炎が纏まる。 「俺の、テメエへの激しい(ほむら)。俺の(コア)(コア)が、俺の殺意に呼応した」 「だからどうした。炎の色が変わったくらいで」 「炎は、赤よりも青のほうが熱いんだ!」  ウルは一瞬でギルを追いつめる。あまりの出来事に、ギルのワープが追いつかないでいた。 「ぐううっ!」  ギルが殴られ飛んでいく。痛みに耐えながらも穴を出現させて抜けていく。閉じていく穴を見逃さず、ウルも穴をすり抜けた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!