41 / 130

第41話「無意識に」

 列車に揺られるウル、ティタ、ライド、キリナ。四人の表情は、行きとは違い曇っていた。ギル本人と接触できたにも拘わらず、結局逃げられてしまったからだ。ウルやティタは民間人だが、ライドとキリナは軍人である。国民を守る義務を果たさなければならない立場でありながら、連続殺傷犯を取り逃がしたのだ。二人の立場上、あってはならない失態だった。 「大尉、あまり気を落とすなって」 「気は落ちていない。まあ晴れもしないがね」 「弟……なんですよね。相手が兄弟なら仕方ないですよ」 「ありがとう。少尉以外の女性に励まされたのは久しいか」 「私にはそれくらいしか出来ないですから。同じ核師(コアマスター)でありながら、結局、手も足も出なかったから……」 「はあ? ティタがあのとき槍を俺にくれなきゃよ、ギルが炎に弱いことを知ることは出来なかったって。俺、充分助かったんだ!」 「アンタが言ってくれるなら、私には励みだよ」  ごく自然にティタの手を取るウル。純粋に友達を励ましているウルを見て、思わずキリナは笑ってしまった。 「キリナさん!?」  キリナの様子を見て察したティタがウルと手を離した。  照れているティタを不思議そうにウルは見ていた。いつの間にか、場が和んでいる。 「子供は無邪気でいい。私も、君の無邪気さを見習いたいものだよ」 「どういうこったぁ?」 「あらら? ウル君は自覚なしのようね。ティタちゃん、結構難易度高いかもね」 「キリナさん!?」  顔を赤らめてしまうティタ。その原因の張本人は、全く自体を理解していなかった。 「さて。結果は結果だ。ロイズに戻ったら報告をしなければならない。正式な任務として行っているのだからな。まあ、それは私達の職務だ。君達はどうするかね」 「ギルに会ったのを報告したい奴がいるんだ。まだ街にいるかは分からないけど、一応行ってみる」 「戻るつもりなの!? いないかもしれないよ」 「俺の第六感だって」 「ウルお得意の、だね」  もしいたら、ウルの第六感も大したものである。ティタもウルの第六感を信じている。だからこそ不安もある。ダイに報告だけがウルの目的ではないと感じていたからだ。ウルは、ギルの気配を無意識に追っているのかもしれない。 「ウル。大丈夫……だよね?」 「俺はいつでも大丈夫だって!」  ティタの様子の小さな変化に気づいたキリナは、二人に同行する許可をライドに取った。ロイズでライドと別れた三人は、ダイに会いに行くべく出発した。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!