35 / 130

第35話「できることを」

「キリナさん、これからどうしたら!?」 「『もしものときは頼む』と言われたけど、核師(コアマスター)同士の戦いに混ざるのは抵抗あるわね。銃でどうこうという次元ではなさそうだし」  物陰から様子を窺うキリナとティタだが、核師(コアマスター)同士の激しい戦いを前に、なかなか手を出すことができずにいた。キリナは銃を構える。照準をギルに合わせるが、素早い動きに対応できない。 「こんなとき、自分にも(コア)が使えたらと思ってしまうわ。銃を持つ自分が非力な立場に置かれるなんてね……。情けないわよ」 「キリナさんは充分凄いですよ! 銃だって脅威なんですから」 「当たればね。当たらなければ“重り”よ」 「核師(コアマスター)だって、役に立たなければ“ただの人”です。人間、適材適所なんですよ」  ティタも痛感していた。同じ核師(コアマスター)でありながら、三人の戦いに付いていける自信がなく、恐怖で足が震えていることに。 「ティタちゃんは強いわね。ワタシの妹と同い年なのに、とてもしっかりしているもの」 「えぇ!? キリナさん、妹がいるんですか」 「今頃どこで何をしているのか。精進の儀だっていうのにあの子、ピクニック気分で浮かれていたらしいから」 「らしい?」 「四年は会っていないから。軍に入ってからは会えていないの。連絡を取ってはいるけれど、それも父親経由だし」 「会いたくないんですか?」 「もちろん会いたいわよ。けれど会ってしまうと離れたくなくなってしまいそうで。まあ、ワタシよりも大変なのは父親でしょうね」 「子離れですか?」 「ワタシが軍に入るのも反対されたの。家を出なければならなかったから、なんだけどね。だからきっと、あの子が旅立つときは大変だったはずよ。もしかしたら、付きまとっているのかも」 「それは大変そうです。どこかで会えるかもしれない。そう思ったらこんなところでウジウジなんかしてられない!」  ティタは路地の壁から槍を生成すると、勢いよくそれを放り投げた。放られた槍は地面に向かって落下していく。ウルの視界に槍は現れ、ギルとのあいだに突き刺さる。 「ウル、それを使って! ギルの武器に引けを取らないはずだよ」  突き刺さった槍がウルの手に渡る。ウルの炎を纏った槍は真っ赤に色を変えた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!