27 / 130

第27話「紹介」

 翌朝、メイルはメルを起こしに隣の部屋に向かった。ノックをして待つ。だが、一向に出てくる気配がない。昨日のように抱きついてくると思っていたため、余計に不安になる。 「僕がわざわざ起こしにきてやってるんだぞ。僕がノックをしたら、有無を言わず起きるのが筋だ」  まったく反応がなく、ドアノブを回す。するとどうだ。鍵はかかっておらず、メルの姿は消えていた。窓が開いたままになっており、カーテンが靡いている。 「冗談……ではないか」  特に部屋は荒らされておらず、争った形跡も見受けられなかった。ここはホテルの三階。まず、十歳の女の子が飛び降りて無事な高さではない。 「連れ去りか? 彼女を連れていくとは物好きだ」  昨日買ったクッキーやビスケットがテーブルに置かれていた。食べかけの状態で。 「面倒だが、捜さないわけにはいくまい」  メイルはホテルを出て走り出した。アテがあるわけではないが、走らずにはいられなかったのだ。 (争った形跡はなかった。つまり、顔見知りの仕業)  昨日の靴屋の通りへ。相変わらずの商の賑わい。骨董品や金物を買っている人が大勢いる。街の人たちに訊いて回るが、有力な情報を得られずにいた。 「くそ!」  汗を滴ながら走り続ける。そんなメイルの体力は徐々に奪われていく。飲み物を買い喉を潤す。しかし、そんな簡単に体力は戻らない。 「本当に世話が焼ける。昨日の今日で僕をこんなに振り回すとは……」 (このまま、一人で旅に出るのも)  諦めの溜め息をついたとき、メイルの視界に金髪の少女の姿が飛び込んできた。「メル!」と呼びかけるが反応がない。仕方なく近づいていくメイルだが、徐々にその距離を離していく。 「いや、このままでいい」  自分に黙って行ったのは、さよならということだろうと思ったメイルは踵《きびす》を返す。  ――助けて。 「……何だ?」  ――助けて!  メイルの左目に声が聞こえる。必死な涙声の少女。その声は次第に大きくなっていく。メイルの胸騒ぎが心臓の鼓動となって高鳴る。  ――助けてなのだよ!!  再び踵を返した瞬間、メイルの拳は男を殴り飛ばしていた。背中で「ありがとうなのだよ」と呟く少女に、メイルは一安心した。 「知り合いか?」 「一応……パパ」 「なんだと!?」 「本当なのだよ」  殴り飛ばされた男は、ゆっくりとメイルの方に向かってくる。笑顔を装ってはいるが、おそらく笑ってはいない。 「メル、駄目だろう。友達を利用しちゃあ」 「利用じゃないのだよ。それにメイルは友達じゃないのだよ」 「じゃあ何かな?」 「ボクの将来の旦那様、なのだよ」 「「は!?」」  動揺するメルの父親とメイル。そんなことメイルは認めた覚えはない。完全に寝耳に水のことで混乱する。  メルの父親は余程ショックだったのか、その場に塞ぎこんでしまった。 「ど、どうしてそうなる!?」 「昨日、ボクに抱きつかれて照れたじゃん。ボクのこと、好きなのだろう?」 「あ、あれは……いきなり女の子に抱きつかれたからで――」 「――娘に手を出したのか!」 「違う。断じて違う!」 「野蛮な獣があ!」 「違あああ……」  メルの父親からの執拗な問い詰めに、メイルは必死に否認するしかなかった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!