25 / 130

第25話「才能」

 金色長髪を一本に束ねて歩く女性。その容姿とは不釣り合いな軍服に身を包み、日課の射撃に精を出していた。 「毎日毎日ご苦労な。銃と運命共同する気?」 「バカ言わないでちょうだい。あくまで訓練よ」 「たまには(まと)ばかりじゃなくてさあ。ちゃんと男も狙いなさいね。素材いいんだしさあ」 「物騒じゃなくなったら考えるわ」 「いつの話?」 「……いつか、よ……」  女性の銃は正確に的を撃ち抜いた。  射的場に銃声が轟いている。この世が平和ならば、この銃声を聴く必要もないのだが。 「キリナ曹長。中尉がお呼びです」 「あら、わざわざお迎えに? ご鞭撻どうもありがとう」 ※ ※ ※ 「おめでとう、キリナ少尉。正式に私の隊に加わった」 「曹長から少尉ですか。さらに中尉の隊に編入と」 「不満かい」 「そうじゃないです。しかしながら何故、今なんですか?」 「今朝報告に上がった殺人の件でね。君の力が必要になったんだ。私の昇進を利用したまでだよ」 「大尉……ですか」 「文句はあとで聞いてやる。私と共に来てくれるかい?」 「お供します! ライド大尉」 「いい返事だ。よろしく頼むよ、キリナ少尉」  国軍大尉――ライド。彼の所持する書類には何人もの指名手配犯の情報が記されている。その書類の中にギルの情報も記されていた。 「このギルという少年。ここ一年で派手に殺っているようだ。子どもとはいえ核師(コアマスター)だ。侮ってはならん」 「核師(コアマスター)、ですか。ワタシにはまったく才能はありませんでした」 「君には、それを補って余りある才能があるではないか」  ライドは、キリナの腰に納められている銃を見て諭す。決してそれが負けではないからだ。 「そうですね。上司の背中くらいは守ってあげてみせます」  こうしてキリナの、少尉としての戦いが幕を開けた。ティタから、憧れの眼差しを向けられてるとも知らず。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!