23 / 130

第23話「気配」

 フウマとライによる騒動から一時間後。ウルとティタは、軍の指示に従い場所を移していた。 「犯人は子ども。解決したのも子ども。大人の出る幕はなかったようね。キミたちの希望は叶えたわ。ワタシはそろそろ行きます」  軍服に身を包む女性。金色の長髪を一本に纏めて垂らしている。軍人とはいえ、オシャレには気を遣っているのだろう。ピアスをさりげなくしている。 「お陰で助かりました。ありがとうございます」 「ご丁寧にありがとう。キミたちは強いわね。お姉さん、尊敬しちゃうわ」 「ティタ、です。私の名前」 「そう。覚えておくわ」  女性は立ち上がると、一礼をして去っていく。  その後ろ姿がティタには輝いて見えていた。 「車で連れてってもらえるとは思わなかったって」 「綺麗な人だったよ」 「あんな人でも軍人やってんだな」 「軍が国を動かせるからじゃない? もっといい国にしたいとか」 「軍に籍を置くってことは、常に危険と隣り合わせってことなんだぜ? 余程強い心がないと務まらないって」 「ああ――!?」 「んだよ!?」 「あの人の名前を訊くの、忘れてたよ!」 「また会えるだろ、多分。大なり小なり物騒なんだからな」 「落ち着いて話をしたいよ」  ウットリしつつ頬杖をついて目を輝かせるティタ。  そんなティタを見ながら、ウルはジュースのストローを啜っていた。 ※ ※ ※  一息ついた二人はロイズを探索していた。高層ビルや高級デパートなどが建ち並んでいる。 「わあ」  あちこちを見回すティタ。  ウルは興味がないのか、さして立ち止まることはなく漠然と街中を歩いている。 「ウル、もうちょっと楽しもうよ!」 「つまんないって。俺、退屈でしょうがなくて」 「そんなにつまんない態度を取ってるとモテないよ」 「……別に構わないって……俺にモテ要素なんかないから」 「……人の気も知らないで……」 「うん?」  ティタとすれば小声で言ったつもりだったのだが、ウルには聞こえていたようだ。「なんだって?」と何度も訊かれる羽目になったが、ティタはどうにか誤魔化した。  そのあともティタより前をを歩いていくウル。しかし、その足を突然急がした。何がなんだか分からないティタも必死に追いかけていく。 「ちょっと。急に走らないでよ」 「悪い。野郎の気配がしたんでな」 「気配って……誰の気配がしたのよ?」 「決まってるだろ。左目だ」 「左目!?」  ウルとティタに緊張が走る。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!