22 / 130

第22話「プレゼント」

「美味しいのだよ! 美味しいのだよ!」 「落ち着いて食べられないのか? 君は」  小腹がすいたメルの希望で、メイルはリリッシュで人気のドーナツ屋に連れてきていた。メルは幸せそうにドーナツを頬張っている。 「これが落ち着いていられますか。そこに甘いものがあるのなら、迷わず手を伸ばすのだよ」 「とても甘党には見えないが?」 「人は見かけによらないのだよ」  メイルの言う通り、メルは細く、甘いものが好きだと言われてもピンとこない。そんなメルを隣で見つつ、メイルはコーヒーを飲んでいた。 「メイルは、ボクとは逆で甘いのが苦手?」 「いや、ただの気紛れだ」 「気紛れ? 気紛れでコーヒーを飲めるなんて凄いのだよ」 「おだてても何もないぞ。それよりも、そのドーナツ旨そうだな。一個いいか?」 「いいのだよ。その代わり、ボクにプレゼントをくれたりしてくれたら嬉しいのだ」 「ドーナツの見返りがプレゼント、か。何が欲しいんだ?」 「え~と……愛の……」 「却下だ。物にしろ」 「そ、そんなー!」  残念ながらも、ドーナツを食べる手を休める気配はなく、「指輪」だとか「ピアス」だとか言っている。  メイルはその度に「却下」と切り捨てていく。 「じゃあ何ならいいのだよ?」 「眼鏡でいいんじゃないか? 少しは知的に見えるぞ」 「おお! それはいい案なのだよ!」 「……そ、そうか」  すんなり意見を聞き入れたメルに、メイルは正直驚いた。いつの間にかドーナツがキレイサッパリなくなっており、満足したメルはパッと立ち上がって伸びをした。 「そうと決まれば行くのだよ。眼鏡眼鏡!」 「単純なやつだ」 ※ ※ ※ 「どう、似合ってる?」  数種類を合わせたあげく、ようやくお気に入りを選んだメル。メイルは自分の財布を取り出すと、眼鏡の代金を支払った。 「送迎書じゃないの?」 「僕の靴は旅の必須品だ。が、その眼鏡は君へのプレゼントだ。送迎書を使うべきじゃない」 「なんだか嬉しいのだよ。メイルからの特別なプレゼントだから」 「別に特別なんかじゃないぞ!?」 「えへへ。 メイル、ありがとうなのだよ!」  嬉しそうに舞い上がり笑顔を見せるメルに、メイルは不思議な感情を覚えた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!