21 / 130

第21話「弔い」

 昼食をとった二人は、襲い来る睡魔と戦いながら歩いていた。太陽のほどよい気温が眠気に追い討ちをかける。 「眠いのだよ~」 「歩くんだ。歩いていれば眠気など吹き飛ぶぞ」 「ボクを背負ってほしいのだよ」 「冗談じゃない、僕が疲れるだけだ」 「メイルのケチんぼ!」 「何の得にもならん。つべこべ言わず歩くんだ」  自分の腕に絡まってくるメルを引きずりながら、メイルは懸命に足を動かしていく。暫くして、人とのすれ違いが増えてきた。 「リリッシュは近いぞ。さあ、ちゃんと歩くんだ」 「ボクは、か弱い女の子なんだよ~」 「か弱いのなら、僕の腕を締め付けるな」  メイルの頑張りによって遂にリリッシュへと辿り着いた。疲労困憊のメイルに比べ、着くなり走り回るメル。  堪らずメイルは座り込むと、履いている靴に視線を落とし、この街に来た目的を再確認した。 「メル。僕の用を済ましたい。早速だけど、僕の靴を買いにいく」 「いいよ。なんなら、ボクが靴を見立ててあげるのだよ」 「自分の靴くらい自分で選ぶ」  街の人からオススメの靴屋を訊いたメイルは、その靴屋へと脇目も振らず向かった。 「すみません。僕の履く新しい靴を探しているのですが、何かいいのありますか?」 「足を見せな」  店主に促されるがまま足を見せるメイル。店主は注意深くメイルの足を見て触る。一通り見終わると、店主は店の奥から靴を持ってきた。 「ボウズ、よく歩くだろ。靴底の減り方を見れば分かるんでな」 「歩くのは好きなんで」 「こいつならボウズに似合いだ。だが、いいもんには相応の値が付くんだ。ボウズに出せるかな」  そう言われメイルは送迎書を見せる。  店主の口元が少し歪む。 「賢いなボウズ。送迎書《そいつ》を使える歳《いま》のうちに、いい靴に履き替えようだなんてな」 「どういたしまして」  店主が靴をメイルに履かせる。メイルに合わせて調整を済ますと、メイルが履いていた靴を大事そうに箱にしまった。 「今までボウズの足を支えてくれたんだ。それに対してしっかりと答えてやらなきゃならない」 「どういうわけだ?」 「弔ってあげるんだ。靴だって生きてるんだ。役目を終えたら当然死ぬ。この靴を作った職人に代わって見送ってやるのさ」 「弔う、か」  メイルの脳裏にショウの姿が浮かぶ。何気なく履いていた靴とショウを重ねたメイルは、店主の言葉に動かされ見送ることにした。 ※ ※ ※ 「なんか分かんないけどよかったのだよ」 「おかしなことを言うんだな」 「だって、さっきまで履いてた靴を燃やすんだよ。なんか……こう、心にくるって感じなのだよ!」 「君と僕の靴の付き合いなんか数時間だ。まるで長年の夫婦の別れみたいに言うんだな」 「いい例えするのだね、メイル」 「だっ、黙れ。そして僕に引っ付くんじゃない!?」 「照・れ・な・い・の・だ・よ」 (クッ、クソッタレ)  複雑な心境の中、メイルは新しい靴の履き心地を堪能しつつ、メルを連れてリリッシュを歩いていった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!