19 / 130

第19話「鉄拳制裁」

「どしたどしたどした! フウマを倒した勢いはどうしたんだ」 「とことん殺り合いたいんなら、せめて列車から降りようぜ」 「嫌だね。巻き添えがいなくなるもんね」 「最初から死ぬ気だったんだな、テメエら」 「精進の儀なんか乗り越えても何にも得るものなんかない。ならば、好き放題やって死ぬ方がいい。ねえねえねえ、いい考えでしょう」 「巻き添え喰らう側の気持ちはお構い無しって」 「一緒に死んでね」  ライの鎧が赤くなる。それは爆発するカウントダウンに入ったことを意味していた。 「「いやああああ!!」」  乗客の悲鳴が車内に響く。生き地獄とはこういう事なのか。ウルはティタに指で合図する。  それを見たティタは、すぐにそれを理解すると、列車の壁に触れる。 (いきなり高度な注文よ)  車両がみるみる粉々になっていく。ライは突然のことに動揺を隠せない。乗客は驚きつつも一気に外へと出ていった。 「フウマだって出来たんだから、私だってできると思っただけよ」 「ち、ち、ちぃいい……ちくしょう!」 「ティタ、鎧を何とかできないか」 「無理よ。触れなきゃどうしようも……戻せるなら自分でなんとかするでしょうよ」 「死ぬ死ぬ死ぬ!?」  ライの鎧が一気に膨れ上がる。最期の断末魔と共に、ライは爆炎に包まれた。 「……自業自得だってんだ……」  ウルの言葉は届かない。容赦なくライに制裁が下された。  爆発の音でフウマが目を覚ます。そのフウマを出迎えたのは、ウルの容赦ない鉄拳だった。 「生きてることに感謝しろ!」  フウマを殴った右手はジンジンと痺れていた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!