18 / 130

第18話「悲鳴」

「どっちから殴られるんだ? やっぱティタを泣かしたテメエからか?」 「このフウマ様の鼻を痛めつけておいた挙句、さらに殴るだと!? ふ、ふざけるなああ!」 「ふざけてんのはどっちだって。列車内での迷惑行為に無差別傷害。オマケにセクハラだ。シャレになってねえ」 「言ってろ。ライ、さっさと殺れ」 「そうそうそう! それを待っていたよ」  ライは硬貨から刃物を作り出して飛ばしていく。乗客の肩や足に刺さり、車内に悲鳴がこだまする。 「お遊びのつもりかって」 「本気の遊びだ。この列車を破壊するんだ」  フウマは、いくつもの爆弾を隠し持っていた。爆発すれば間違いなく列車は吹き飛ぶ。ウルはフウマとの距離を一定に保ちながら隙を窺う。 「フウマフウマフウマ、もう切っちゃっていい?」 「ああ。切り離せ」  ライが車両の連結部を破壊した。それにより、ウルたちの乗る車両だけが線路に取り残される。 「車両が切り離されているのを気づいたころには、この車両は燃えているだろう」 「列車を壊すのが目的なのか? 人を殺すのが目的なのか?」 「どっちもだ。全員一緒に死んでもらう」  高笑いするフウマの様子は、本当に遊び感覚で物事を楽しんでいるようだ。ウルの拳が軋りはじめる。 「アンタら、異常よ」 「精進の儀で、このフウマ様を野に放っちまったのが運の尽きだ。はっはっは」 「サイテーよ」 「最低で結構だ。やりたいことをやって死んでいく。それが理想なもんで」 「今すぐに、この爆弾を爆発させる。それで全てが終わる。全てだ……あははは!」 「このー! クソやろおお!!」  ウルの拳がフウマの顔面を歪ませる。気持ちのいい右ストレート。フウマの殴られようにビビるライ。殴られたフウマ本人は気を失い倒れた。 「降参しろって」 「誰が誰が誰が……降参なんかするか!」  にんまりと笑うライの目は少しも笑ってなどいなかった。フウマの側に座ると、爆弾を作り変えていく。 「何する気よ?」 「めんどくさいから、全部の爆弾を一つに纏めたんだ。これでいい」 「……正気……かって……」 「正気だよ? これでもう殴れないだろ」  爆弾を鎧に生成し、迷いなく身に纏ったライ。これにはウルも殴れずにいた。握りしめた拳を構えつつ、ウルはライとの距離を縮めていくが、いくら近づいても手が出せずウルはヤキモキしていた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!