16 / 130

第16話「瞳術」

 呼吸を荒げ、汗を流し、自分の身体を痛めつけ……。ウルの修業の仕方は荒業以外のなにものでもなかった。 「まだだ! まだだー!!」  雨が上がった昼下がり。ジメッとする空気が肌にまとわりついて、ウルの体力を奪っていく。 「教えようとしたらあの様だ。やけくそにやっても効果はないのに」 「ダイ。僕も(コア)を早く目覚めさせたい。修業をつけてくれ」 「それじゃあ、また小走りかね。焦ったところで上手くはいかない」 「結局そうなるか。仕方あるまい」  メイルも走り出す。ゆっくりと時間をかけて。  そんな二人を見ていたティタは手当たり次第、石を槍にしていた。 「ショウさんのとは比べ物にならないよ。私じゃ、ショウさんの足下にも及ばない」 「昨日の今日でその出来だ。物凄い進歩だ。誇っていい」 「ありがとう。ダイも自信持ちなよ。ショウさんの弟子同士、師匠の意思を継いでいかないと」 (……師匠の意思……か)  自分に足りないものは何なのか? 必要なものは何なのか?  雨のあいだ、ずっとダイは考えていた。  十歳という幼い人生経験では分からないでいた。それはそうだ。大の大人ですら、死ぬまで何かを追い求め、自分なりの答えを出すのだから。 ※ ※ ※ 「こんのぉー!」 「君には負けないぞ!」  いつの間にか、ウルとメイルとの意地の張り合いになっていた。ティタが試したように目を閉じ、両手を合わせて。起きる金縛りを気合いで乗り越える辺り、流石は男の子である。気づけば、この日一日を修業に費やしていた。 「いい加減にしろ。根を詰めても意味ない」 「そうよ。二人共、ご飯にするよ」 「……だそうだぞ? 早く行くんだ。ティタが呼んでいるではないか」 「……テメエこそお先にだ。俺はテメエのあとでいい。譲ってやるって」  一歩も引かない二人。そんな二人に呆れたのか、ティタとダイは、その場を離れてしまった。ウルとメイルが戻ってきたのは、それから三十分後だった。 ※ ※ ※ 「これが僕の(コア)!?」  朝、メイルの左目に変化があった。左目を閉じた少年と同じ金色の瞳。(コア)の一つ、瞳術である。 「俺の弟子が瞳術に目覚めるとはな。これも何かの因果か」 「瞳術を極めれば、左目と同等の力を得れるのか?」 「そいつは分からない。その前に難関が待っているしな」 「難関だと?」 「瞳術は使うたびに視力を削るらしい。そういうのも含めて厄介なんだ」 「なるほど……上等さ。僕にも覚悟はある! 左目を倒すためなら!」 「ちぇー。何でメイルの奴が目覚めて、一緒に修業してた俺には変化ないんだって」 「個人差だ。修業を怠らなければ、ウルも必ず目覚めるはずだ。焦るなよ」 「じ、焦らしやがって」 「ねえ、これからどうするの? 左目の行方を追うとしても、何にも手掛かりはないよ」 「俺は暫くこの街に留まる。師匠を最後まで見送りたいからね」 「僕は行くさ。とにかく進む。色々と修業になるだろう」 「ウルは」 「列車に揺られながら考える。気の向くままってやつ」 「ウル。私も一緒にいい? 核使いが一緒の方が都合いいはずだよ」 「あんだけ別行動に拘ってたくせにか? 構いはしないがな」 「決まりだよ」  こうして四人は動き出した。ダイは留まり、メイルは先を歩く。ウルとティタは列車に揺られるのだった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!