15 / 130

第15話「悲しみの雨」

 翌朝は雨だった。空も泣いているのだろうか。  少なくとも少年は泣いていた。突然の別れに理解が追いつかない。 「師匠おおおお――!!」  いくら泣いても、いくら叫んでも、呼ばれた者は戻らない。無言で横たわるショウには届かない。 「この方のご家族と連絡を取りたいのですが」 「師匠の家族とかは分からない。師匠、身寄りないって言ってたし」 「そうですか。ですがそうなりますと、こちらの方で処理を進めますが?」 「……はい……」  力ない言葉がダイから漏れる。涙で濡らした顔はうつ向いたままだ。 「待ってください。あの、ショウさんの直接の死因は何ですか?」 「背中から刺さった槍が心臓を貫いていたわ。それが死因ね」 「槍?」  ショウから引き抜かれた槍を見たティタは、その槍が普通のものでないことを見抜いた。 「ショウさんをよろしくお願いします。大切に弔ってあげたいんです」 「かしこまりました。君たちはどうする? 希望ならば護衛を付けるけれど」 「いい。自分の身は自分で守る。その代わり、犯人を取っ捕まえてくれよな」 「分かっております」  軍服に身を包んだ女性は敬礼をしてみせた。 「行こう。俺達は邪魔だ」 ※ ※ ※ 「クッソー!! してやられたって!!」 「そんなに壁を殴ってもしょうがないぞ」 「俺の勝手だろ!!」  メイルの言葉に耳を貸す素振りなど見せず、ひたすらに宿の壁を殴る。ウルの拳は血だらけになっていた。ウルは悔やんでいた。そして自分の非力さを恨んでいた。そんな気持ちを持っていたのは、ウルだけではない。ティタもメイルもダイも……全員が同じ心境であった。 「左目の!! 師匠をよくも!! 絶対に許さん!!」 「一人だけで熱くなるな、僕だって許せないんだぞ」 「そうだよ。私だってショウさんの弟子なんだから。ダイだけでカッカしないの」 「テメエら、俺に教えろ。(コア)ってのを」 「簡単にできることじゃない。メイルだってまだだし、(コア)が目覚めたティタだってこれからなんだ」 「そんなの承知の上だ。ティタにできたんだ、俺にできないわけじゃない!」 「いいだろう……覚悟しろ」 (あの野郎……ぜってえ潰すって)
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!