2 / 2

第一章〜キミが好き〜

ピピピピピピ、と朝からうるさく鳴り響く電子音。 私、雪桜(ゆきざくら)優希(ゆうき)は眠気のまだ残る体を無理やり起こして、学校に行く準備を進める。 今日は、月曜日で色々嫌なことがある日。 学生ならば一度は思ったことがあるだろう。 まだ休んでいたい、まだ寝ていたい、と。 かくいう私も、普通の女子高生。 そんなことは何度も思ったことがある。 行かなければならないので、そんな淡い願いは無駄なのだけれども。 「はぁぁ……」 と、盛大にため息をつき、朝ごはんを食べ、準備を色々終えて、学校へ行く。 それが私のルーティーン。 かといってため息はついちゃダメなんだけど。 「行ってきます」 そう誰もいない家に向かって言い、ドアを閉める だるい体を動かし、教室に着く。 すると、 「あ!優希〜!待ってたよ!」 と、元気な女の子がこっちへ向かってくる この子は、私の友達の小林(こばやし)冬季(とうき)。 私と違って元気系で、笑顔を振りまいているような子。 「おはよう〜」 と挨拶をすると、 「うん!おはよう!」 と、元気な声が返ってきた やはり声量はすごい ガラッ ドアから先生が入ってきた。 どうやら朝のHRらしい 「えー、転校生が来る。仲良くするように」 転校生?この時期に? 「入ってきてくれ」 その言葉が合図で、転校生とやらが教室に入ってきた 皆シーンと効果音が付きそうなほど静まり返っている 「俺は、猫宮(ねこみや)(つゆ)です」 「よろしくおねがいします」 言い終わると、拍手のパーティ。 皆が皆揃って拍手をしている 「えー、じゃあ猫宮は雪桜の隣で」 「え」 どうやら、私の人生はここで変わったらしい。 続く
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ハーレム以外を顧みない主人公の話です
連載中/21話/51,212文字/0
2017年11月11日
少年少女の成長ストーリー。
完結済/130話/174,099文字/0
2018年5月24日
ゲームバランスがぶっ壊れたような世界だけど、頑張ります。
完結済/2話/6,948文字/-84
2018年1月8日
和恵が会社を定時で終えた金曜日の夜アレックスと会う。
連載中/7話/7,549文字/0
2018年5月8日
IT系の企業に勤める男性社員、村田は週末の夜憂いた。一台のピアノが彼の日々に火を放つ。
1
完結済/4話/17,572文字/38
2018年5月6日
僕は人か獣か。演じ人生活の始まり。
連載中/2話/2,826文字/0
2018年5月31日