2 / 2

第一章〜キミが好き〜

ピピピピピピ、と朝からうるさく鳴り響く電子音。 私、雪桜(ゆきざくら)優希(ゆうき)は眠気のまだ残る体を無理やり起こして、学校に行く準備を進める。 今日は、月曜日で色々嫌なことがある日。 学生ならば一度は思ったことがあるだろう。 まだ休んでいたい、まだ寝ていたい、と。 かくいう私も、普通の女子高生。 そんなことは何度も思ったことがある。 行かなければならないので、そんな淡い願いは無駄なのだけれども。 「はぁぁ……」 と、盛大にため息をつき、朝ごはんを食べ、準備を色々終えて、学校へ行く。 それが私のルーティーン。 かといってため息はついちゃダメなんだけど。 「行ってきます」 そう誰もいない家に向かって言い、ドアを閉める だるい体を動かし、教室に着く。 すると、 「あ!優希〜!待ってたよ!」 と、元気な女の子がこっちへ向かってくる この子は、私の友達の小林(こばやし)冬季(とうき)。 私と違って元気系で、笑顔を振りまいているような子。 「おはよう〜」 と挨拶をすると、 「うん!おはよう!」 と、元気な声が返ってきた やはり声量はすごい ガラッ ドアから先生が入ってきた。 どうやら朝のHRらしい 「えー、転校生が来る。仲良くするように」 転校生?この時期に? 「入ってきてくれ」 その言葉が合図で、転校生とやらが教室に入ってきた 皆シーンと効果音が付きそうなほど静まり返っている 「俺は、猫宮(ねこみや)(つゆ)です」 「よろしくおねがいします」 言い終わると、拍手のパーティ。 皆が皆揃って拍手をしている 「えー、じゃあ猫宮は雪桜の隣で」 「え」 どうやら、私の人生はここで変わったらしい。 続く
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

乙女ゲーの世界に入ってしまった平子睦実。だが、ヒロイン素質が足りなさ過ぎて……
完結済/40話/112,209文字/0
2017年11月14日
異世界でバイトをしていた俺は世界一と言われる名工の弟子になる
連載中/3話/1,331文字/20
2018年3月7日
ボーディングスクールからのスノーボーディング
1
完結済/3話/3,528文字/14
2018年1月7日
喫茶店でかたち作られる様々な恋のかたち、愛のかたち。
連載中/3話/3,608文字/0
2019年1月15日
元カノからの突然のLINE!?何があったかは見てのお楽しみ!
4
4
完結済/7話/1,606文字/0
2021年10月15日
別れのぬくもりを感じたい
完結済/3話/1,662文字/0
2021年10月16日