1 / 2

〜プロローグ〜

恋は、天気で言うと皆は何を思い浮かべる? 「カラッと晴れた夏の日の晴れ」と答える人もいれば、 「冬の日の寂しげなくもり」と答える人もいるだろう。 私? 私はね、 「季節もなにもない、ただの雨」。 でもね、悲しくなんかないよ。 キミに、恋の雨を降らしたい。 私の気持ち、わかって。 この寂しくて、もどかしくて、世界一キミのことが大好きな、私の気持ち。 キミに恋の雨を降らしたい。 ねぇ。 私に恋して――
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!