2 / 17

第2話 私が勇者と親友になった理由

――アデル視点――  いやぁ、あの二日間は本当に疲れた。  私の全魔力が枯渇寸前だったし、非常に眠かった!  でも、アタルさんとの戦闘が無事に終わってよかった。  お互いに大した怪我もないし、全て計算通りだった。  この後はアタルさんと打ち上げをやるから、本当楽しみである。  そうだ、自己紹介をしなくてはな。  私は魔王アデル。  どうやら歴代最強の魔王らしい。  といっても、今まで魔王は私を含めて三代しかいないのだがな。  私は他の魔族に比べて腕力がない代わりに、魔力を操作して自然現象を引き起こす《魔術》に特化している。  魔族の間ではこの魔術は何となくで使用されているが、私は魔術に惹かれてしまい、自主的に研究をした。  そうするとその魔術で他の魔族を退治する事が出来て、生まれて丁度二百年、無事に生き延びてきた。  この弱い者は強い者の食料となるこの社会、色々辛かった……。  そうしたら前魔王のお眼鏡に止まったらしく、魔王の座をかけて勝負を挑まれた。  私は魔術の研究をしたいだけだから丁重に断ったのに、この腐れ魔王めが、私の家族を殺すと脅してきやがった。  ムカついたので魔術で三十分かけて懲らしめてやったら、トントン拍子で魔王になってしまったのだ……。  私は争いが好きではない。  でも、人間が私達にちょっかいを出してくる。  このままだと私にも火の粉が降り注いでくると思ったので、あの手この手で人間を退けた。    それがいけなかった……。  別に普通の事をしただけなのに、知略にも優れた歴代最強の魔王だーっなんて持ち上げられ、統治すらも私一人でやるハメになったのだ。  私はただ、ひっそりと魔術を極められればよかっただけなのに、面倒事を押し付けられて……。    でも、私にとっての地獄はここからだった。  今まで仲が良かった友達が、急によそよそしくなった。  理由を尋ねてみたら―― 「あ、アデル様、今までの俺の無礼をお許しください! もう舐めた口は聞きませんから!」  彼が言う舐めた口というのは、普通のタメ口だ。  それを不敬罪に取られると思ったのだろうか、土下座をして謝ってきたのだ。  この瞬間、彼とは友達ではなく、臣民と王という間柄になってしまった。  友達がいなくなった。  そして、親もよそよそしくなった。  私を育ててくれた親すらも頭を垂れ、敬語を使うようになった。  私は必死に制止した。  だが、その両親すら震えて私を見てくれない。  そう、王になった瞬間に孤独になった。  政策すらほぼ私頼り。  宰相のサイラスは私に心酔してはいるが、能力的に足りなくて仕事を任せられない。  魔族は、脳筋ばかりだった。  あまりにもストレスが加速していき、ついには銀貨と同じ大きさのハゲが出来てしまった。  まぁ私は活性化の魔術を編み出していたので、何とか髪を生やしたのではあるが、情けない魔術の利用法だ。  そして私は我慢できずに、城を抜け出した。  百年かけて開発した長距離移動魔術、《ゲート》を使用してグエン大陸まで飛び、《メタモルフォーゼ》というあらゆる生物に擬態する魔術を使って人間に成り済ました。  そして、とある都市の酒場で酒をじゃんじゃん飲んだ。  やけ飲みだ。  今思い出すと恥ずかしい、私は思いっきり酔って、酒場のマスターに絡んでしまったのだ。 「マスター、聞いているのか? 私はなぁ、独りなのだよ、独り!」 「あんた、良い男なのに女いないのかぁ。あれか? 周りのダチはさっさと女を作っちまったってやつか?」 「独り身ではあるが、そういう意味ではないのだ!! 私には、友達すらいないのだぁぁぁ」  泣いてしまった。  その時のマスターの、あの哀れんだような同情するような視線は忘れられない。 「あんた、ボッチか」 「それをはっきり言うでない!! くっそーーーーっ!!」  四杯目のビールを一気飲みした。  さすがにその飲み方はまずいとマスターに止められたが、殺意を込めて睨んだら大人しくなってくれた。  ぐすぐすと泣いていると、横から声を掛けられた。 「わかります、わかりますよその気持ちぃ!!」  男の声だった。  私は顔を上げて彼を見ると、この世界では珍しい黒髪の十五歳位の優しさに溢れる男だった。  しかし、顔が赤い。酔っぱらっている。 「僕もねぇ、ボッチなんですよぉ!! 皆、み~~んな、僕に面倒事を押し付けちゃってさぁ! やってられないですよ!」 「わ、私の気持ち、わかっていただけるか!!」 「そりゃわかりますよぉ! もうね、あのクソ鬼畜王なんて、何度ぶっ殺してやろうかと思いましたよ!!」 「な、なかなか過激ですな……。私で良ければ話を聞きますよ?」 「本当に!? すっごい嬉しいよ、僕」  青年は泣いてしまった。しかも嬉し泣き。  実は、これが勇者であるアタルさんとの初遭遇だった。  要約するとこうだ。  彼は十七歳であり、この世界とは別の世界である《地球》という場所から召喚された異世界人だ。  彼の世界では平和に暮らしていたが、突然異世界に飛ばされた上に「魔族と戦うのじゃ」と強欲な鬼畜王に命令されたそうだ。  アタルさんは全力で拒否したが、成功したら大人しく地球へ返すと脅され、渋々戦って来たのだそうだ。  彼は死に物狂いで強くなって、ついには単独で魔族を倒せる位になったとか。  アタルさんも戦いは好きではなく、斬り殺す度に心が痛んでいた。でも殺さなくては顔見知りが殺される。  そんな感情を殺してさらに鍛練を続けていたら、誰も自分の強さについていける人間はいなくなり、全ての民に持ち上げられて偶像化され、武の高みに上り詰めた代わりに孤独になってしまっていたのだ。  きっと酔っていなければ、ここで彼が勇者である事に気付けたはずなのだが、私は―― 「とても苦労されたのですねぇ~~」  彼の肩を抱いて、一緒に泣いていた。 「僕だって、皆を守りたくて戦ったんですよぉ! 喜んでくれるんだけど、おかげで僕は雲の上の人、誰も親しく声をかけてくれないんですぅ!!」 「わかります、わかりますよ!! 私も誰も仕事を手伝ってくれなくて、誰も私と目を合わせて話してくれなくて、辛いんです!!」 「貴方もですかぁ!! 何か僕達、似た者同士ですね」 「……そうですねぇ、親近感を覚えました」  そしてお互いの事を語り合い、さらに仲良くなり、酒場の皆で全裸で踊り始める暴挙にまで出た。  もちろんその中には私とアタルさんもいた。  …………恥ずかしい、今思い出しても恥ずかしい。    二日酔いによる頭痛がお互いに襲ってきて、近くの公園で腰をかけて休みながらさらに雑談をする。  その中で色んなヒントがあって、ついにお互いに勇者と魔王である事が判明した。  その時のアタルさんの反応は―― 「えぇぇぇぇぇぇぇぇっ、貴方のような優しい人が、人間を踊り食いにするのが趣味で、部屋には気に入った人間の部位を飾り、尚且つそれを抱いて寝ているっていう、魔王アデル!?」  いやいやいやいやいや!  私はそんな趣味ないよ!?  人間なんて食べた事ないよ、私!?  事実無根でさらに妄想がプラスされて、手に追えない位の狂暴な存在になっているではないか!!  お互いに敵として対峙するであろう相手だが、もう遅い。  私は彼に、友情を見出だしてしまったのだ。  でもアタルさんも同じだったようで、お互いの正体を知っても何だかんだで今でも仲良く遊んでいる。  そして今日は、あの二日間の茶番を見事に成功させたとして、これから打ち上げを行う。  場所は、ドーン大陸とグエン大陸の間にある、まだ発見されていない小さな孤島に立てた私の別荘だ。  ここでは魔術の研究を邪魔されずに出来るし、仕事の重圧から逃れてくつろぐ事も出来る、最高の空間だ。 「あぁ、楽しみだなぁ。早く来ないかな、アタルさん」  私はソファに座り、本を読みながら親友の到着を待った。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!