1 / 2

Cesspools In Eden

ニューヨーク市本部は2029年10月の、快晴のある日。とうとう治安維持のための当局完全武装化を宣言した。どうやら、倫理も道徳もかなぐり捨てた時代であるからこそ、同市が国家の中心にいなければ気が済まないらしい。もちろん民意などちっとも反映した結果ではないし、市民たちはどちらにせよ2013年の大災厄以来市の役人なんて全員死んでもらいたがっていた。 今よりもっと豊かな‐少なくとも、物質的及び社会学的にだけでも‐時代はハイジャックされた飛行機がビルに突っ込んでも、少なくとも凶行の当事者たちはともかく死人だってほかの国ならどうなっていたか、ということを無理にでも考えてみれば武器を持ったならず者崩れの職業殺人者に市役所章を分け与えることはありえないはずだ。少なくとも、当初は大災厄以後も前時代の何やかやを引きずって自棄から野放図に走る人々を棍棒で叩きのめすのには役人が粉骨砕身していたはずだ。人の体を粉々にするのに自らの骨を折れていたはずだが、そろそろ疲労も溜まりきったようだ。ストレスという汚水溜めは、ゲロと糞で満ち溢れているらしい。 どちらにせよ、与えられる権力にも苦労から身についた権威も何も持ち合わせていない市井の人々に“会社”は歓迎されていなかった。もっとも、警察官がほとんど殺されてしまったということは事実だし関わりたくないと強く考えている獲物を鋭くかぎ分けて牙を向けるならず者を殺してくれるなら何でもいいという身勝手な民意だけはあって、その一方で自分たちのチンケな現実逃避は死守したいというハラだ。だから不満渦巻く中で、当局の強引でどうみても予算の無駄遣いと言える歓迎式の間でも投石はそこまで多くなかった。少なくともベテランのコッパ役人が想定していたよりは。 それでも、政官民三権どれもこれもが、今回の市当局の判断がミスだということを確信しているし、そうであってくれないと困るとも考えている。 市全体の警察権、軍権を全て民間軍事企業に任せるという判断が。 現実逃避になればいい方、というこの判断。のちの歴史家に任せられるほどのものではない。妙に白けた空気の中で、“会社”のニューヨーク新支部幹部たちが歓迎式にゾロゾロと入ってきた。 三人がステージに立った。参加者たちはその出面を見て、全員が首をかしげただろう。その見てくれが到底、暴力的資本主義にどっぷりと浸かったならず者には見えないからだ。もしかしたら、それは思い込みなのだろうか。軍隊、警察、ギャング、格闘家、その他到底表には出られない商売……そういった市井の人々には到底関わりのない仕事をしているような者特有の、部外者をどこか見下したような雰囲気はない。ステージの下に立ち並ぶ社員たちも戦闘服は着ているがやはりどこか、イメージと違う。 年寄りと、若い男女。だが三人が三人、いまにも人を殺したくてうずうずしているという雰囲気ではない。それどころか、髪を整えさせてスーツを着せればそこらのサラリーマンに見えるだろうし、コンビニの制服を着せればただの店員に見えるだろう。それほど、暴力や流血とは無縁に見える。市のお偉方や資産家たちは訝しみながら、本当にこいつらに治安維持を任せられるのか?という懸念と考えようによっては簡単に懐柔して何らかの使い物になるかもしれないな、という二つの考えが頭をよぎっていた。 当然、こんな甘い考えはすぐに消し飛ばされるが。 「えー……皆さんこんにちは。私はこの度株式会社ブラック・モブスのニューヨーク新支部にて責任者を拝命したウィリアム・デーニッツと申します」 素人目にはあまり強そうにも見えない若者二人をボディーガードのようにはべらせて、身長160センチにも満たない老人が手探りでマイクを掴み、ボソボソと陰険そうに話し始めた。どうやらこの老いぼれは白内障を患っているようで瞳が白く濁っているし、マイクを手探りで見つけるまで時間がかかっていた。歓迎式の参加者たちはその様を見て、意地が悪そうに様々な憶測と目測について囁き始めたところでデーニッツは片手に持つ白杖をどん、と突いた。それは威嚇にも見えるし、単に注意を惹きたいようにも見える。 「皆様、わたくしのお話はすぐに終わりますので、家にとっとと帰って宿題をすませるなり、女を抱きに行くなり、賄賂を受け取りに行くなりするのはもう少し待ってくださいね……さて、隠してもしょうがないから言っちゃいますが私は見ての通り視力がほぼありません。でも、安心してください。仕事はちゃんとこなしますので……ひょひょひょ、ハイ会見終わり。後は勝手にやんな!」 参加者たちはさすがに、いくら何でもとは思った。仮にも市全域の治安維持を請け負うのだから、もう少しあれこれ教えてくれてもいいと思う。これが大学受験ならば思考力を試される難問、ともなるが社会に出てからは責任表明の必要はある。面倒だが。 ざわめく参加者たちを見て、デーニッツの後ろに立つ赤髪の若者がため息をついた。背は低いがスマートでスーツが良く似合う、見た目は好青年だ。隣の若い女も同感のようだ。若者はあきれ顔でデーニッツに三言ほど耳打ちし、老人は面倒くさそうにマイクのスイッチを再び入れた。 「これだけは宣言させていただくが、あなた方は私らに関わりますな。こちらはこちらの、創立以来の流儀があってあなた方青っ白い資本主義の副産物とはわけが違う。そんな畑違いの人たちに口を出されてはたまらんからな……あんたらの頼みは聞こう、だが金だけ払えばよい。元々そういう商売だ」 「あの!」 その時、参加者の一人が大声を上げた。身長は高く、肩幅も広い。おそらくはフットボールかレスリングの経験者だろう。自信満々な嫌味な表情で、デーニッツがどうせ目が見えないと高をくくる。 「私は元ニューヨーク市警・捜査一課巡査部長のペンスキーと申します。元というのはあなた方と入れ違いで別の市に配属されたからでしてね……前任者としてぜひ聞かせていただきたいのですが、あなた方はどのように治安を維持していくのでしょうか!?」 こんなジジイなら、簡単にあの世に送ることができる。ペンスキーはそう確信してしゃべっている。 「ふん……私らは民間企業、あくまでその強みを生かさせてもらうよ」 「強味、とは?あなたたちには国から降りる予算ほどの大金があるのですか?各方面に威嚇できる権力は、それとも、強力な武器とそれを自在に扱える者がそろっていると?」 「どうやら君は私らを馬鹿にしているようだねえ……」 デーニッツは赤髪の若者を引き寄せて、また耳打ちをした。若者はうなずくと、配下と思われる者たちに向けて指を鳴らし、中身が詰まった黒いゴミ袋をいくつも持ってこさせ、そしてそれをひっくり返して開けさせた。参加者たちはその光景に目を丸くして絶句する。無数のゴミ袋すべてに札束が詰まっているからだ。 「ペンスキー君だっけ?まず、これが私らの予算だよ……今見せてあげてるだけでも、5000万ドルはある……惜しくも、おととし亡くなられた私らの理解者にして個人的な友人であったドナルド・トランプ君とはよく札束で引っぱたきあって遊んだもんだ……私らはアタッシュケースは使わない主義でね、金を使う時は面倒だから袋ごとあげちゃう。予算についてはわかってもらえてかい?これでも、私らの会社全体から見れば一部の資金だがね」 これだけで、金に汚い参加者たちは黙ってしまった。それよりもどうやってこのおこぼれにあずかろうか、そのことを考え始める。しかし、ペンスキーはまだもう少しだけ強気だった。 「あ、あんたたちが掃いて捨てるほどの金を持っているのはわかったよ、だけど、なんだ?悪人一人一人に金を渡しておとなしくしてもらうってんじゃないだろうね……つ、つまり権力と武力だ!悪人に膝をつかせるには不可欠だろうよ!ぇえ?民間軍事企業さんよお!」 「ひょ、ひょ、ひょ」 デーニッツの不気味な笑い声にはさすがにペンスキーも、それどころか側近の若者男女も嫌悪感を示した。まるで、昆虫の断末魔のようなその声は人に不快感どころか恐怖を与える。 「君の一族は確か、ニューヨーク市警に代々仕える、地元を愛する家系だったな……そんな君が、この地を離れさせる私らにいい感情を抱かないのは当然のこと……ひょ、ひょ、ひょ」 「な、何がおかしい!?」 「では、君の権力では知ることができなくて、私たちのそれで知りえたものを見せてあげよう……レイナード!例の映像を」 「……おれは、こんなもんを人に見せるのはあまり気乗りしないんですがね」 「だが、だれにでも知る権利はあるだろう?知ることへの覚悟がなくとも権利が先行しとるしね」 赤髪の男は嫌々、スクリーンに映像を映し始めた。次の瞬間、参加者どころかこの事実を初めて知った会社の従業員たちまでその映像に吐き気を催したのだ。 「先日、ニューヨーク市警察長官を退職に追い込んだのが、これだ。見たまえ」 壮年の、いかにも権力の過剰摂取で肥え太った男が嬌声を上げながら男色に励んでいる映像が映し出された。猿ぐつわと目隠しをされて、若い男にされるがままになっている。参加者たちは信じられない、とまたざわざわ騒ぎ出しペンスキーは涙を浮かべながらその場にへたりこんだ。 「う、嘘だ!気高くて職務を全うしている署長が……」 「ペンスキー君、君の勝手なイメージを押し付けるのはやめたまえ。男色は古代ギリシャから、ごく当たり前に行われていたことなんだよ」 デーニッツはペンスキーの絶望に喜んでいるようだった。レイナードはそれを見て暗い顔をして、若い女の方は一言もしゃべらない。 「署長さんはこの崇高なご趣味を共有できるご友人を探しておられた。ちょうど……うちの会社の従業員がお気に召したようでねぇ……ひょひょひょ、別に何も変なことはなかった。私とお知り合いになってからしばらくして、お相手と二人にしてあげただけじゃて。そっから先の自由恋愛に口を出す理由はないよ……だが、君がどうしても私らを試したいというのであれば君一人では掴みようのなかった事実を教えてあげようと思ってね。従業員がこっそり思い出の品にこれを加えていたからなあ、この前あいつヘマしたから降格させたときに取り上げた品物から出てきてね」 しかし、もはや式典どころではなかった。参加者は皆デーニッツに身ぐるみをはがされたような気分になっていたし、市長はおずおずと「今日のところは解散で……」と気弱に言うだけだった。ガヤで満たされた会場ではもはや皆心ここにあらず、もうデーニッツのペースだ。それを見て老人は満足そうな表情をしている。 しかし、ペンスキーは違った。 「認めねえ、認めねえぞ糞ジジイ!」 周囲のガヤが収まるほどの大声で吠えたペンスキーはジャケットの内側から9㎜ベレッタを取り出し、訓練通りに素早く安全装置を解除してデーニッツの喉に突き付けた。 「お前らが何かきたねえ手を使ったんだろう!!そうだ、そうに違いねえ!お前なんか野良犬のようにぶっ殺してやる!おれの恩人を辱めた見返りはくれてやるぜ……」 デーニッツはその程度の生命の危機、日常茶飯事のようであった。異様な落ち着きは下手人を焦らせる。だがさすがに部下連中はそうもいかない。会社の従業員たちは皆拳銃を取り出し、レイナードもステージの上から行動を起こそうとしたがそれはレイナードの横にいた女が制した。 「グレシア、デーニッツさんを助けないと……」 「いいんじゃない?あんな奴さっさと死んだほうがいいし……」 グレシアは目を細めて、ペンスキーがわけのわからないことを叫びながら、デーニッツどころか周りの参加者にも銃口をぶんぶん向けていることを見ても大した事とは考えていないようだ。 「あれぐらいで死ぬとは到底思えないからね」 「それはそうだが」 一抹の不安を抱えながら、レイナードはデーニッツに再び目を向けた。老人の表情は笑っている。 「てめえ!何がおかしいんだよ!この絶体絶命の状況でてめえの部下は助けようともしてねえ、ずいぶん嫌われてんな!俺に殺されて終わりだぜてめえは!」 「ひょ、ひょ、ひょ、君は、財力、権力、そして武力を証明してみろと言っていたな」 胸ぐらを掴まれて、銃を突きつけられながら笑うデーニッツの余裕は眼前の状況が何も見えないからではない、勝利を確信しているものだとグレシアやレイナードは分かっていた。事実、圧倒的有利な状況にあるはずのペンスキーの目は怯えている。 「ドナルド・トランプとタメを張る財力に、世界最大都市の一つであるニューヨークの警察署長を一発で退職に追い込むほどの弱みを掴むことのできる権力。そして、最後の一つ武力を君に直々に見せてあげようかの……ひょひょひょ」 「何を……ボケたか、痴呆野郎!てめえの命を虫けらのように叩き潰してやる!」 ついに、ペンスキーはその気になったらしい。凶悪犯人を的のように打ち抜いていた時とは大違いで妙に重く感じていた引き金をやっとのこと引いた。悲鳴があちこちから上がるが、もはや男はデーニッツの命を奪うことしか眼中にない。 しかし。その刹那に。 ベージュ色の閃光があたり一面を包んだ。本当に一瞬のことで、それを知覚できたのはデーニッツとレイナード、グレシアの三人だけだった。参加者たちも会社の従業員たちも、だれもそれを感じることはできなかった。 そして。 仕留めたか、とペンスキーが恐る恐る目を開くと、デーニッツは傷一つ負っていなかった。 おかしい、確かに額に銃弾を叩きこんだはずなのに……その答えは、目の前にあった。 デーニッツの背後の巨大な白塗りの太った道化師が現れて、ウィンナーのような指先で弾丸を煙草のように挟んでいる。 道化師の狂気にはらんだ瞳がペンスキーのおびえきった瞳を捉えて、ペンスキーは人生最大の悲鳴を上げた。 参加者たちにも、従業員にも、レイナードとグレシアにもその姿ははっきりと見える。 一瞬で凍り付いた人々。やっと誰かが、重い口を開いて「魔導師」と恐れながらつぶやいた。 魔導師。 それは決して、おとぎ話や漫画の中の世界でのみ存在しているわけではなかった者。 世界中の人々がそれを知ったのは、2013年のアメリカ合衆国大災厄以来だが、そのずっと前から、確かにいたとされている。 魔導師とは、人類には早すぎた未知なる性質、魔導質が身体に適合するもの。 魔導質は世界中のありとあらゆる、だれにでも手に届くところに存在していたと大災厄直後に災禍で亡くなったバラク・オバマ大統領の一時の代役であるロックフォード・ダンヒル臨時大統領はそれまで合衆国が政府指導で極秘に行っていた魔導質研究の全貌を明かした、いわゆる“ホワイトハウス批判”の中で述べていた。 魔導質は本来、少量の摂取であれば害はない。でなければすべての生物がとっくに絶滅しているからである。これが危険を帯びるのは大量に浴びた時、放射能と似たようなものだ。大量の魔導質を人体に入れると、たちまち肉体が負荷に耐えられなくなって死を迎えてしまう。 しかし、中には魔導質に対する耐性を持つ者もいた。大量の魔導質を取り込んでも死に至らず、それどころか肉体が進化するもの、そんな彼らをアメリカ政府の極秘研究チームは”魔導師”と名付けた。 導師とは本来、仏教用語であり葬儀の際に指揮を執り、生命を終えた者に最後の引導を渡す僧侶のことをいう。それに対して、人類を超越してしまった魔導師はまさに、自分たち新人類に対する未進化の旧人類に引導を渡す死の司祭。これ以上にぴったりな言葉はない。 そして、その進化とは。 魔導師が超自然的な能力を得ることができることにある。 例えば、太って巨大なピエロを具現化したデーニッツのように自らのイメージを実体化させられるものもいれば、己の身体能力を人間離れした次元に高めて駆使する者もいる。生き物を自在に操るものもいれば、傷ついた細胞を回復させるもの、枚挙にいとまがない。多種多様な能力は狂った個性を存分に発揮している。 魔導師であるデーニッツからしてみれば9㎜パラベラム弾など、蚊ほどの脅威もなかった。 「ひょ、ひょ、ひょ、この国は大災厄以来、ありとあらゆる国際から捨てられた。隣国にはベルリンのそれが比べ物にならないほどの壁を作られて阻まれた。大災厄の影響でこの国を囲む海も空も、乗り物を簡単に破壊してしまう始末……そして人類の最絶頂テクノロジーともいえる電波ですら、この国は除外されてしまった」 あ、あ、とうめきながら後ずさりするペンスキーに逃げ惑う参加者たち。慌てふためく従業員とどうでもよさげな側近二人。確かな異常がここにある。デーニッツはその場に崩れたペンスキーに対して、まるで目が見えているかのように正確に白杖の一撃をお見舞いした。しかし、ペンスキーは鼻がへし折れたことが気にならないほどの恐怖で脳がスパークのように化学反応を起こしそれどころではない。 「本当に、面白い。面白くてたまらないねえ……何もできない豚を追い詰めて殺すというのは!」 「や、やめろ!やめ、やめでぐだざい!殺さないで!」 「すべて、君のせいだよ。君が私を怒らせなければよかった話だ……いかに、この国が……いや、愚かな進化しそこないどもがとるに足らない者か、証明してくれた」 道化師は何本もかけた歯をむき出しにして笑うとその手を大きく広げた。デーニッツが目をカッと見開き、叫ぶ。 「ひょひょひょーっ!君は、ゆっくりと、苦痛を伴って、悪意の中で死ぬのさぁ!マレンコの手によってなあぁーっ!!」 ペンスキーの声にならない断末魔はすぐにかき消された。道化師の巨大な手が、人間一人をたちまち握り潰し、紙屑のようにくしゃくしゃに丸めてしまった。 血しぶきが会場にグラデーションを施したかと思えば、ペンスキーの肉体だったものがあちこちの飛び散った。デーニッツは脳がはみ出した頭蓋骨をサッカーボールのように蹴り飛ばすとまるで新しいおもちゃを見つけた子供のような笑顔でレイナードとグレシアに振り向く。 「ひょひょひょ……私ゃいいこと思いついたぞよ」 「やめてください」 「嫌だね。レイナード、君は銃を持っていたとする。目の前に太るだけ太ってもはや自分の足で走ることもままならないみじめな生き物の群れを見つけて何をしたいとも思わないのかね?」 レイナードが何かをさらに言おうとしたところでグレシアがずいっと間に割って入った。老人をにらみつけて言葉を続ける。 「やめろ、ボケ老人。これ以上……」 「やるって言ったらやるんだよおぉッ!!」 そうして、虐待が始まった。 未進化人類たちはデーニッツの道化師によって次々と殺された。 叩き潰されたもの、引きちぎられたもの、踏みつけられたもの。 阿鼻叫喚の中でレイナードは頭を押さえて唸った。 「クソっ、残業だ……この後始末はべらぼうに時間がかかるぞ」 グレシアは諦観に満ちた表情で、周囲を冷たい瞳で眺めながら煙草を吸い始めた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!