3 / 3

別れ

「ゆうたっ…」 声が聞こえる。俺は顔をグッと起こし、彼女を見る。 彼女は下半身から徐々に消えていっている。 「さくらっ!やだっ!消えんなっ!」 涙が出てくる。消えていくことは止めれるわけがない。 「ゆうた…」 彼女は泣きながら俺の頬に手を当てた。 「愛してるっ!」 そう言って、唇を再び重ねた。 突然のことで驚いたが、彼女の好きなようにさせる。 数秒後、唇を離すと、目の前には彼女はいなかった。 俺は見えない彼女に対してこういう。 「俺も愛してるよ…さくらっ…」 これは、人生で一番悲しい性行為をした話である。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

乙女ゲーの世界に入ってしまった平子睦実。だが、ヒロイン素質が足りなさ過ぎて……
完結済/40話/112,209文字/0
2017年11月14日
ぼくはお姉さんの側にいられれば、ただそれだけでよかったのに
完結済/4話/19,096文字/0
2017年11月21日
自分の伝記を小説にしてみました。
連載中/11話/7,224文字/0
2018年4月26日
喫茶店でかたち作られる様々な恋のかたち、愛のかたち。
連載中/3話/3,608文字/0
2019年1月15日
暇つぶしにでもなれば幸いです。
1
連載中/4話/9,085文字/0
2020年9月26日
ドラッグ+過剰暴力+エログロ+能力バトル!
連載中/2話/5,148文字/0
4月29日