1 / 3

 夢を見た。いつぶりだろうか…あんな夢…見たくなかった。 現実になりそうで…怖かった。 重い体をグッと起こし、朝食の準備を始める。食パンを焼き、ジャムを塗るだけ。 そんなに料理は好きではないし、時間がないから。 朝食をパッと終わらせ、歯を磨き、服に着替える。 Tシャツに、ジーパン、それにジャケットを羽織った。 髪型を整え、家を出る。  向かった先は、彼女の家。 今日は『話がある』ということで呼ばれていた。 早く来てと言ったこともあり、午前7時、家に着いた。 ピーンポン♪ インターホンを鳴らす。 ……出てこない。 ドアノブをひねる。 「開いてる…?いるな…」 出てこないなら仕方がない。そう思い、家に入る。 「さくら〜?」 彼女の名前を呼ぶ。まだ寝ていたら失礼なので、小さめの声で。 寝室。そこにいたのはさくら。ベッドではなく、ベッドにもたれかかるように 床に座っていた。 「さくら?どうしたの?」 そう言って彼女の顔の前に座る。 その表情は…… 「さくら…?なんかあったの…?」 顔は涙でくちゃくちゃだった。いつもの明るい性格は消え、暗い雰囲気が漂う。 「優太…」 ゆっくりと名前を呼ばれる。俺はすぐに、「なに?」と返した。 「あのねっ…私ねっ…」 小さい子供のように発せられる声。それと同時に涙も出てくる。 話の内容…それは今日見た夢と一緒だった。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!