10 / 18

うらたとセンラ

「坂田〜?」 センラは坂田を探していた。そして、見つけてしまった。 「坂田?坂田!坂田ァァァァァア!!!」 センラは泣きながら坂田のところに飛びついた すると後ろから気配を感じて振り返った。 そこにいたのは 「うらたん…」 こちらに拳銃を向け、泣きながら立っているうらたがいた 「うらたんがやったん?」 「うん…」 「そっか…」 「ほら、やりなよ」 「えっ…?」 「呪いを解くんでしょ?いいよ。やって。」 「っ!…ごめん!!!!」 バァン! センラは血を流して倒れた。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!