9 / 18

うらたと志麻

「志麻くん」 「ん?」 「久々にお茶入れてあげるよ」 「本当?嬉しい!」 僕はお茶を入れる 「はい。どうぞ」 「ありがとう」 志麻は勢いよく飲み干してった。 すると… 「んっ?ごほっごほっごほっ!うっらぁっ!!」 お茶に毒を仕込んだのだ。 次はセンラのところ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!