8 / 9

第8話

「今度は、現実世界で会おうね~」 「今度こそは、勝手に紅葉達の前から勝手に消えないでよね」 「ありがとう、若葉」 か、みんな本当は、3つの雨が4つの雨で、死者の雨というものがあることを知ったらどう思うかな? あれは、確か天国に住んでから2年ぐらいたったころ 俺の家に一通の手紙が来た 「水無月 若葉様  あなたは、4つの雨(3つの雨ともいわれている)のご使用条件を満たしたため4つの雨をご使用にすることができます  ご使用になりますか?  ~ご使用条件~  ・四人で形成されたグループのうち一人が死亡し、4つの雨の管理者となること  ・グループの全員が、4つの雨について知っていること  ・悪用をしないと判断された方  ~説明~  ・死者の雨:4つの雨の管理者となりグループの全員が望めば人間界で実体化できる  ・時間の雨:過去に行ける  ・願いの雨:願いを一つだけ叶えてくれる  ・思話の雨:その人が話したい人と話すことができる                                 4つの雨組合」 3つの雨に組合なんてあるのかよ この間、みんなの様子を見に行ったら、月夜は、ロボットみたいになってたし、紅葉は、あの日のことをずっと気にしていた、露葉は、.............何も変わってないな 3人、特に、月夜と紅葉を昔みたいに戻してあげたい だから、3つの雨を使いたい それからの僕は、忙しかった 組合と家の往復の毎日だった 正直言ってしまえば、簡単な事ではなかった でも、僕は、今、4つの雨を使ったことを選択して正解だったと思った
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!