7 / 9

第7話

「思話の雨は、誰と話す?」 「僕が、決めてもいいか?」 「いいよ!」 「どうせ、考えていることは、一緒でしょ」 二人らしい答えが返ってきた 「僕は、三雨と話したい」 「「は⁉」」 「若葉じゃないの⁉」 「なんでなのよ⁉」 予想どうりの反応だった 「お願いだから、人の話は、最後まで聞いてくれ」 「三雨いや若葉といったほうがいいのかな、どっちにしろ僕は、君と話をしたい」 彼は、困惑した顔で 「何を言っているんだい、月夜。俺は、三雨。この雨の間の管理人だ」 四つ葉のクローバーのやつを見せながら、僕は言った 「じゃあ、僕たちの情報をどこで手に入れた?なぜ、若葉のことを知っていた?なぜ、これを君が持っていたんだ?」 「呼ぶ人のことを知っておくのは、大切なことでしょう?四つ葉のクローバーは、僕が持っていたからですよ」 三雨が持っているわけがない。だってこれは、 「これは、僕たちがまだ仲の良かったとき、若葉が生きていたときに四人で作ったものだ。だから、三雨が持っているわけがないんだ」 三雨は、微笑んで仮面をとって 「相変わらず、よく考えて観察をしているね、月夜」 そう言った 「本当に若葉なの⁉」 露葉が、若葉に質問をし、紅葉は、また泣いていた 「黙っててごめんね」 若葉は、僕たちに謝ってから、言いにくそうに 「俺もまだ、3人と話していたいんだけど..............そろそろ3人は、起きなきゃいけない時間なんだ」 僕は、笑った、3年ぶりに笑った 起きるって、ここ別の世界なんだから時間とか止めてるんじゃないのかよ 3人が、僕のことをなんで笑ってんの?という目で見てくる 「やばい!本当に起きる時間になっちゃう」 「紅葉、試験頑張れよ」 若葉が声をかけると 「やだーーーー、思い出したくもない!現実つらっ」 とうずくまって頭を抱えた 「まぁまぁ、てかこれを機に女装辞めたら?隣で歩く私が恥ずかしいんだけど」 「2人は、同じ大学に行ったの?」 「それもそうだけど、一応、紅葉達、カップルなんだよね」 そうだったのか.............................でも、全然カップルに見えない 高校生の時と何が変わったのだろう 「お願い、嬉しかったよ。ありがとう」 露葉は、無邪気に笑って 「私は、自分の望みを叶えてもらっただけだから」 といった 「月夜は、今は楽しいか?」 若葉は、全部知っていたのか 「あぁ、おかげさまで楽しいよ」 若葉は、たった一夜で、冬を終わらせて春を呼び、氷をとかした この3年間、誰一人としてできなかったことを、若葉は、たった一夜で成し遂げた やっぱ、すごいなぁ若葉は 視界が霞んできた もう起きなくては、いけないのか 「またね、3人とも!」 「今度は、現実世界で会おうね~」 「今度こそは、勝手に紅葉達の前から勝手に消えないでよね」 「ありがとう、若葉」 その言葉だけを口にし、僕は、眠りから目が覚めていった
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!