4 / 9

第4話

若葉が死んでから、3年経った今も、僕の心は、凍ったまま大学生となった。 あの日から、僕は、何をやっても何も感じなかった。 美しかった世界も今となっては、ただのモノクロ写真だった 僕からは、感情も消えたのだろう 「あーまーおーとーくんっ」 誰かが、後ろから抱きついてきた 振り返ると、同じゼミの星川 琴葉がいた 「今日も濡れて帰るの?」 「あぁ」 僕は、相変わらず雨の日には、濡れて帰っていた 自分でもなぜこんな事をしているのかと思う 「じゃあ、風邪ひかないようにね」 そう言って、星川はゼミ棟のある方向に走っていった 僕も帰ろう 足を踏み出し、歩きはじめた 「クシュン」 帰ってきてから、寒気がして、頭がボォっとしている 風邪を引いたのだろうか、とにかく今日は、早く寝よう 布団に入った僕は、すぐに眠ってしまっ 周りが明るい、もう朝なのか? 「ようこそ、雨の間へ!」 ......................は? 「俺のことは、三雨(みう)とでも呼んでくれ」 声のする方向を見ると、仮面をつけた男子がいた 雰囲気などが、若葉に似ていると思った 「「月夜!?」」 紅葉と若葉がいた 「久しぶり~、元気にしてた?」 「まぁな」 二人は、あの時よりも女子っぽくなっていた 「ハイハイ、感動の再開は、そこまでにして。三人には、今からどの時間に行くか決めてもらうよ」 三人で?どの時間?三雨が言っていることの意味がよく分からなくて、紅葉達の方を見るが、二人もわからないらしい 「まだ、わからないの?君たちが、浴びた雨は、3つの雨だ」 3つの雨?なんで、今更降るんだ? もっと早く降れば、若葉は...................死ななかったのに 「で、どの時間に行く?」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!