7 / 7

第7話 黒歴史は永遠に

 呼び出されていたほかの悪魔は、シュナイゼルが倒れた直後魔界へと送り還された。城門で戦闘を繰り広げていたハインツ達の被害は最小限に止まったらしい。  捕らえられた北方候ラグノスは、死罪を免れ爵位(しゃくい)剥奪(はくだつ)されたのち幽閉(ゆうへい)の身となった。様々な勢力の思惑が絡んだ末の、政治的判断というものらしいが、大人の話はわたしには良く分からない。  シュナイゼルが漏らした情報をサリサリに問い詰めると、どうやら契約を済ませていなければ、召喚された存在は自由に還る事が出来たらしい。もっとも、召喚の知識のある悪魔たちと違い、わたしには自力で帰ることが出来なかったのは事実なのだけど。             §  夜に家を抜け出して、翌日ズタボロのセクシーなコスプレ姿で帰ったわたしに対し、お父さんは「年頃の女の子はな……いいか、女性というものはだな……」と、何か言いかけたけれど、結局何も言わずに首を振って見せた。口下手か!?  お母さんは日ごろから容赦ないほうだから、往復ビンタくらいは覚悟していたが、何とも言えない優しい目でわたしを見つめたあと、ぎゅっと強く抱き締めてくれた。  心配してくれたんだ。そう思い泣き出しそうになったが、まなざしに込められたものが哀れみだと不意に思い至り、別の意味で泣きそうになった。  後日、お母さんの本棚に『代償行為から抜け出すには~隣人にさしのべるやさしい手~』、『異常心理研究』という、付箋(ふせん)がたくさん貼られた本が並んでいるのを目にし、2時間ふとんにくるまって呻き続けるハメにもおちいった。  朝帰りのうわさはいつの間にか学校に広まっていたが、コスプレ姿で帰宅というオチまで知られていたので、不良少女ぶって見せることさえ許されなかった。  奇行に走るコスプレマニア。それが皆のわたしに対する新しい認識らしい。これならオタばれのほうがよっぽどましじゃない!?  ……死にたい。  あれだけひどい目に合わされたというのに、何故だか黒歴史ノートを捨てる気にはなれなかった。ボロボロになったページを丁寧(ていねい)修繕(しゅうぜん)し、みかん箱の底に隠すと、押し入れの奥深くに仕舞いこんだ。             §  期待していた訳じゃあない。でも、予感はあった。  再び押し入れから光が漏れだしたのは、冒険から帰った3日後のことだった。 「たびたびお騒がせして申し訳ありません、サワコさま!」  目の前には上目遣いで愛想笑いを浮かべるサリサリ。これは北方候(ほっぽうこう)に『偽・万魔録(ゴエティア・オルタ)』を貸し与え、裏で糸を引いていた黒幕登場のパターンだ。 「ふうん。 またわたしの力が必要な事態ってわけ?」  腕を組み、出来る女風の表情でサリサリに微笑んで見せる。あくまで、話くらいなら聞いてあげてもいいというポーズ。学校ではコスプレマニアのレッテルを張られ、親には可哀想な子を見る目を向けられてしまった。少し開き直って、憂さ晴らしでもしたい気分。 「いえ、あの……シュナイゼルがサワコさまの連絡先を聞くまで還らないと、北方候の城に居座ってしまって……その、お教えしても構いませんか?」 「あ”ぁッ!! あ”あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!」  そっちか!? せっかく忘れかけてたのに!! 乙女ポエムのほうか!!?                                了
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

冒険者だったけど、やめた。
2
1
7
完結済/52話/106,428文字/11
2017年12月15日
完結
夜の木
僕が聞いたのは、魂の声。それはどこにでもある物語。
完結済/11話/12,030文字/8
2017年11月14日
『自称・探偵』『秘術使いの科学者』『元職業殺人鬼』――そして、"怪異"
1
連載中/30話/161,001文字/0
10月20日
男子高校生の少年はある日、学校が終わったあとの「4時間」を繰り返す。
連載中/1話/853文字/0
2017年12月18日
ここは夢ですか? それとも異世界ですか?
完結済/3話/2,641文字/0
2018年4月19日
女達が見知らぬ場所にたどり着いて……
連載中/6話/5,979文字/0
2018年3月15日