5 / 7

第5話 潜入せよ黒歴史! 戦慄! 万騎将シュナイゼル

 ハインツの隊が先に進むのを見計らって、飛行の魔法を試してみる。飛行はデフォで出来るキャラ設定ばかり考えてたから、「風よ」とか「翼を」とかの簡単なものだったけど、確かにふわふわと浮かべる。 「転移の魔法とかどうですか? いきなり目の前にバーンって現れたら、きっとラグノスもびっくりしますよ!」 「あんたの発言にびっくりだよ!? いきなり敵地に放り込むなんて、わたしを殺す気か?」 「えぇー……サワコさまなら無双できますよ……」  唇をとがらせ、不満げに呟くサリサリ。無茶をいうな。だいいち、見たこともない場所にいきなり跳べるはずもない。  この距離なら勝手に帰るというサリサリの言葉に従い、馬を放す。サリサリを抱え、最初は短い距離を試し、慣れてきたらスピードを上げ北方候(ほっぽうこう)の居城を目指す。 「あそこです! あれが北方候のお城です!」  悪魔の迎撃はなかったが、近付きすぎて気付かれても奇襲の意味がなくなる。木立ちに紛れるよう、森の中に降りる。  お城というからきらびやかなものを想像していたが、実物は砦とさほど変わらない簡素で武骨な作りのものだった。北の僻地に押し込められて叛旗(はんき)をひるがえすくらいだから、豪奢(ごうしゃ)な暮らしぶりなはずもないか。  跳ね橋は上げられ、見張り台には兵士の姿が見える。歩哨(ほしょう)も巡回しているようだ。 「どうしてやりましょうか。 派手に超竜破断光(Z・エグゼキューター)喰らわせてやります?」 「やめて! ちょっと黙ってて!」  悪気なく地味に心をえぐってくるサリサリの口をふさぎ、見張りの目を逃れて堀を飛び越え城壁に取り付く。城壁を飛び越えたらさすがに見付かるよなあ…… 「チョーク持ってる?」  ごそごそと懐を探り、チョークを取り出すサリサリ。 「何に使うんです?」 「いいから見てて」  設定だけの魔法でも効果があったんだ。こういうのもイケるんじゃない?  白いチョークで描いたのは、自作小説『ときめき☆ハーレムマイスター~褐色の恋泥棒~』の主人公アラジンが使う通り抜けの門。すこんと向こうまで穴が開く設定だから、適当に転移して「壁の中にいる」という状況に陥るおそれもない。運悪く向こう側に誰かいたら、すぐ見つかっちゃうんだけど。  さいわい警備の手薄な場所だったらしく、歩哨に見付からないうちに敷地を横切り、城内へと侵入した。 「エベク派の転移門に似てますね。あれならわたしにも理解できるかも?」  関心したようなサリサリの呟きが聞こえる。理論立てて組み上げた物のはずもなく、ただふんいきで描いただけの代物だから、詳しく聞きたそうにチラ見するのはやめてほしい。  ときおり兵士とはちあわせしそうにもなったが、物陰で縮こまるか、認識をごまかす魔法でなんとかやりすごす。こういう場面で役に立つ地味で堅実な魔法は、あまり設定していない。ばくぜんと「主人公だから見付からない、見付かってもスマートに解決する」としか書いた覚えがないからな。  ひときわ豪華な両開きの扉にたどりつく。城の最奥部に位置するからには、ラグノスの私室か執務室あたりだろう。聞き耳を立ててみるも、特に人の気配はない。サリサリに目配せし、鍵の掛かっていない扉を押し開けた。             § 「明日にでも王都から軍勢が攻め寄せてくるのだぞ? こんな所で悠長に構えている場合か!!」  派手な身振りで喚き声をあげていた壮年の男が、扉を開けたわたしたちを目にし、あんぐりと大口を開けたまま固まる。  人いるじゃん!? こんな大声にどうして気付かなかった??  執務室だろうか。広い空間の奥に大きな机が据えられている。手前にテーブルと数脚の椅子が並べられ、お茶の用意が整えられている。傍らにはメイドの姿。 「やあ、彼女達は私の客です。少し前から城内でかくれんぼを楽しんでいたようだから、招かせて頂きました」  長い脚を優雅に組み、椅子に腰かけカップを軽く揚げほほ笑むのは、黒の礼服に身を包んだ青年。彫像のように整った顔立ち。(ゆる)やかに波打つ金髪。その間からは、2本のねじくれた角が生えている。  固まったままのわたしたちに構わず、メイドに2人分のお茶を用意させると、下がるよう手で指し示した。 「序列3位……万騎将(ばんきしょう)シュナイゼル……」  立ち尽くす壮年男性と主従が逆のようだが、あえぐように絞り出されるサリサリの声を聞く前に理解できた。呪詛(じゅそ)めいたキケロの捨てゼリフもうなづける。この男はマズイ。とてもじゃないけど乗り込んで叩きのめすとか、そんなたわごとが通用する相手じゃあない。 「な……何をしている! 敵を招いただと!?」 「私の客だと言ったでしょう? もう少し品位を保った言動を心掛けてください」  穏やかにたしなめるシュナイゼルの言葉に、男は凍り付いたように口を閉ざし椅子に収まる。同席する悪魔の印象に掻き消されていたが、上品な仕立ての貴族服に身を包み、やせた(いかめ)しい顔つきに、氷のような青い瞳を持つこの男は、間違いなくこの城の主、ギルベルト・ラグノス侯爵だろう。 「不思議そうな顔ですね。召喚された身であるのは事実ですが、少々事情がありましてね。どうぞ、遠慮なさらずに。ミス・サバトにミス・サリサリ」  わたしとサリサリに椅子をすすめるも、応じる素振りがないのを見ると、肩をすくめて話を続ける。 「召喚の対価をとても払えないと仰るのでね。召喚に用いた『偽・万魔録(ゴエティア・オルタ)』を頂戴(ちょうだい)しました。(ゆえ)に私は何物にも縛られる事無くこの世界に存在できる。彼とも対等なのですよ」  ラグノスが呼び出したのはシュナイゼル一柱のみで、あとの悪魔はシュナイゼルが招いたということか? 「自由だってのに、どうしてラグノスに従ってるの?」  立ち尽くしたままの私の質問に、シュナイゼルは眉を少し上げて興味深そうな表情を見せた。 「利害の一致、ですよ。彼は王都へ軍を進める力を手にし、私達はその間無聊(ぶりょう)(しの)げる」  夜魔(やま)の女王エセルティアも、争い自体はどうでもいいと口にしていた。悪魔たちは、この叛乱を遊び場にしていただけなの? でも、それなら逆に、ラグノスに従って最後まで戦う事もないということだろうか。  わたしの思考を読んだのか、シュナイゼルは口元を釣り上げ笑って見せた。 「そういえば、私に劣らず、貴女も奇妙な契約をしているようですね」 「……何のはなし?」 「いや、正確じゃありませんね。縛られてもいないのに助力を続けるなんて、貴女も随分と酔狂な事だ」  うん……? それってわたしも同類ってこと?  もの問い顔を向けると、サリサリは冷や汗を浮かべながらぷいっと顔をそむけてみせた。ああそうだ。よく考えなくても、わたしは好きで首を突っ込んでるだけだ。いまさら文句を言うつもりもないよ。 「この叛乱(はんらん)は成功しないでしょう。正直、この城を落とすのならそれも構いません」 「シュナイゼル! 貴様何を――」  激昂(げっこう)するラグノスを一瞥(いちべつ)で黙らせると、シュナイゼルはわたしの目を覗き込む。 「見せて頂きましたよ。キケロやチェルマーだけでなく、エセルティアすら歯牙にもかけないその力。土産(みやげ)代わりに私も味合わせて頂きましょう」  声を荒げる訳でもなく、穏やかにほほ笑んだままのシュナイゼルの言葉に、背筋に氷柱をねじ込まれるような感覚を抱いた。サリサリの手を取り、こわばる脚を無理矢理動かし後ろに跳ぶ。 「き、きしゃま! サワコさまの必殺魔法を喰らいたいの!?」  いらんことを言うなな!? 「我が右腕は50の騎兵槍」  サリサリの挑発は聞き流される。座ったままのシュナイゼルが無造作に右手を突き出すと、椅子とテーブルは砕け散り、ティーセットは形も残さず塵と化した。  何をした? 尋常じゃない殺気は感じたが、まがい物の魔法使いのわたしには、魔力を読むこともできない。 「ば、馬鹿者! 儂ごと殺す気か!?」 「それが嫌ならご自分で身を守って下さい」  なりふり構わず窓から飛び出すラグノスに目もくれず、シュナイゼルはほこりを払って立ち上がる。  壊された椅子の脚をつかむと、逃げながらシュナイゼルに投げ付けた。 「100の歩兵の剣」  椅子の脚はシュナイゼルに届くことなく、粉になるまで磨り潰される。摩擦熱の仕業か、空中に焦げた臭いさえ漂う。攻防一体の障壁のようなもの? 「ああ、違いますよ、ミス・サバト。私の力はもっとシンプルなもの。私の(あざな)万騎将(ばんきしょう)。文字通り、常に一万の魔軍を率いるものです」  ご丁寧にも、一瞬披露してくれたのだろう。シュナイゼルの背後に、黒い鎧で身を固めた異形の群れが浮かび上がる。この悪魔の気がほんの少し変われば、今からでもたやすく北の砦を攻め落とすだろう。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!