4 / 7

第4話 打ち砕け黒歴史! 必滅! チェルマー&ボルログ

 ハインツは部隊を編成し、このまま北方候(ほっぽうこう)の居城まで攻め込むという。  もともとこの砦は王都の護り。数日を待たずして増援が来るのだから、このまま守りに徹するのが正しいんじゃないの? 「それでオレの気が治まるものかよ!!」  前任の守備隊長や、多くの仲間を殺されている。気持ちは分かるが、ラグノス側に悪魔がいる限り、つかの間の優勢などあっという間に(くつがえ)されてしまうだろう。 「そう……好きにすれば」  どのみちわたしは部外者で、軍の運用なんか分からない。案外ハインツの言うように、今の勢いでラグノスの居城を攻め落とすことができれば、結果として双方被害が少なくて済むのかも。 「おい、ちょっと待てよ……」  自室で少し休もうと歩き出したわたしを、肩をつかんで引き留める。 「……なに?」 「その……なんだ、礼を言っておきたくてな」  男の人の力で乱暴に扱われ、びくびくしているわたしの内心に気付かぬまま、ハインツは呟いた。 「オマエの絶対虚陣断層(アブソリュート・ゼロ・ウォール)がなけりゃ、オレら今頃消し炭になってただろうからよ」  顔が一瞬にして強張る。他人の口から己の黒歴史ワードを聞かされるのには、味わったことのない種類の痛さを覚える。 「力を疑って悪かったよ。オマエの超竜破断光(Z・エグゼキューター)があれば――」  追い討ちのダメージにしゃがみ込み、顔を覆いぷるぷる震えるわたしを目にし、言葉を途切れさせるハインツ。 「……いや、いい。それは甘えすぎってもんだな。あれだけの魔法だ。それなり以上の代償が必要なんだろ? 聞いたぜ、お前が『あ”ああ痛々しい! いっそ清々しいほどの中二病だな! 不治の病か!?』って叫ぶ声をよ……」  木立の奥に穴を掘って叫んでたのに聞かれたのか!? 聞かなかった振りをする優しさをみせろよおお!! 「異邦の魔神とはいえ小娘だ。命を削ってまで戦わせてちゃあ、男が立たねぇんだよ!」  うわあああん!! 男なら女の子を恥ずか死なせないデリカシー持てよう!!  しゃがみ込んだままのわたしを残し、ハインツの部隊は砦を後にした。  脳筋のバトルジャンキーが危ない目に合うのは自業自得だけど、随伴(ずいはん)するマルルクきゅんまで付き合わされるのは心配だ。貴重な(いや)し要員が…… 「心配なんですよね? 追い掛けましょう!」  ぱかぱかと馬を引いて来たサリサリが、笑顔で手を差し伸べる。  ……こいつはこいつで、わたしを過剰評価して使い潰す気満々だしなあ……  このまま見過ごしても、後味の悪い思いをするのは確かだ。 「やれやれ、仕方ない。乗りかかった船だしね。最後まで付き合ってあげる!」             §  威勢のいい出立とうらはらに、道のりは遅々として進まない。乗馬の経験などないわたしは、サリサリの背中にしがみ付いているだけだけど、これは散歩を楽しむ程度のスピードなんじゃあ?  時折サリサリの「おまたが……おまたが」と呟く声が聞こえる。これ、この子も乗馬スキル持ってないんじゃない? 「いや、ロバに乗るのは上手いんですよ?」 「じゃあロバにしときなさいよ! っていうかそれでも追い付けないわよ!」  ぱかぱかと絶望的に呑気(のんき)な騎行を、途中何度も休みを取りながら続ける。近道だという両側を切り立った崖に挟まれた隘路(あいろ)に入ってすぐ、前方から響く剣戟(けんげき)を耳にした。 「良かったですね。あんまり引き離されてなかったみたいで」  良くもないだろう。ハインツの隊は待ち伏せされ、足止めされていたということだから。  道のまん中に、2mほどの長さの石柱が浮かんでいる。一つだけ埋め込まれた青い宝石は目の代わりだろうか。岩をつなぎ合わせた2つの拳を操り、ハインツ達に振り下ろしている。 「序列70位、不破(ふは)のボルログですね。魔軍の中で最も硬い身体を持ち、動かずに、扉や宝物の守護をしていることが多いと聞きます。動きは遅いから、すり抜けて進めそうなのに……?」  岩陰に隠れて様子を伺うことにする。岩の拳を掻いくぐり、騎乗のまま青い宝石を狙おうとした兵士が、拳に弾かれた石つぶてに打たれて落馬する。別の兵士は、見えているはずの拳の軌道に、自ら入るようにして吹っ飛ばされた。 「……? なんかおかしくない?」  守備隊の攻撃はまるで見当外れか、不運が重なり当たらない。逆にボルログの攻撃は、どんな形ででも偶然が味方し、必ず相手にダメージを与えている。  奇妙な戦いに首を捻っていると、今までどこに隠れていたのか、小さな人影が一つ、岩の拳を足場に、石柱の上に身軽に飛び乗るのが見えた。 「ここは通さないって言ってんダロ? いい加減あきらめろヨ」  土色の短衣を着た子供の姿。でも、耳はとがり、赤い目は禍々しくギラついている。  兵士の一人が素早く矢を射かける。だがそれは、岩の拳が弾いた小石にぶつかり、あらぬ方へと弾かれた。 「必中のチェルマー! 序列25位の悪魔です。あれの呪いがある限り、どんなに遅いボルログの攻撃でもかわせないし、こちらの攻撃は決して相手に届かない」 「タチが悪いな。ここは諦めて、他の道を選ぶのは?」 「森を突っ切る方法もありますが……おそらく、別の悪魔が待ち構えている寸法でしょう。時間稼ぎが目的なのかも」  速攻を選択したハインツが他のルートを選ぶことはないだろう。 「(うた)ってんじゃねぇぞこのガキ! 攻め込まれて逃げ場のないのはオマエらのほうだって忘れんなよ! 今すぐボッコボコにして押し通ってやんよ!!」  抜き放った剣を向け、タンカを切るハインツ。……やっぱりこのパターンだ。 「こっちが遊んでやってるのニ、調子に乗るナヨ人間! いいゼ、必中と不破の合わせ技、必滅(ひつめつ)を喰らわせてヤル!」  そんで悪魔も挑発に乗りやすいのな!? ボルログの青い宝石が輝き、岩の拳が打ち合わされる。避けられない全力の拳が放たれるのなら、この隘路はわずかの時間でプレスされた死体で埋まることになる!  サリサリが期待の眼差しを投げかける。声を掛けて兵士を下がらせ、何か強力な魔法を放つことができれば、少なくともチェルマーのほうは倒せるかもしれない。  でもなー。メンツがどうとか言って、ハインツが言うこときかないだろうしなー。  迷いながら黒歴史ノートを繰るうちに、ハインツが走る。狙いはボルログの青い宝石。先に当てれば勝ちとか雑に考えてそうだけど、必ず当たる2つの岩の拳も放たれている。弓矢を抱えたまま涙目のマルルクきゅん。  あああダメだ! あのバトルジャンキーが死んだら、わたしの天使が悲しむ!! 「これだ! 我が言葉は尾を呑()む蛇。魚の眠り。殻の中の雛の夢。聞け、汝の矛は矛盾なく盾を貫くもの。 混沌術式167節 矛盾解体(パラドキシカル・ブレイド・アーツ)!」  ギリギリ間に合った魔力付与の効果で、ハインツの振るう刃はボルログの青い宝石を打ち砕き、もろともに砕けた。 「馬鹿ナ?!」  わたしに気付いたチェルマーが反応する前に、歪められた必中の呪いは、術者自身に跳ね返る。2つの岩の拳を受け、チェルマーの身体ははるか彼方に吹き飛ばされた。 「こういう魔法もちゃんと効果あるんだ……」  なんとなくカッコいい言葉を並べてみたけれど、使いどころが難しく、設定だけで放置していた呪文なのに。 『効かなかったらごめんネ!』状態の危ない橋を渡り切り、ほっと胸をなでおろした。崩れたボルログの残骸に埋まったハインツは、兵士たちに掘り起こされている。どうやらたいした怪我はないようだ。  岩陰に隠れたまま、ハインツの首に抱き付いて大泣きするマルルクきゅんを愛でていると、ちょいちょいとサリサリが袖を引っ張った。 「わたし、思うんですけど……ローデシア卿より先に、サワコさまが北方候(ほっぽうこう)のお城に乗り込んだほうが、早いんじゃないですかね!?」  この娘は……恐ろしいプランをさらっと口にしおって……  考えなかったわけじゃない。でもそれじゃあ、わたしがノリノリで、この状況を楽しんでるみたいじゃないか。 「お優しいサワコさまは、これ以上の犠牲が出ることに心を痛めておられるのでしょう? ローデシア卿はわたしたちの同行は絶対許可してくれませんよ。だったらいっそ先回りして――」  頭を抱えしゃがみ込むわたしの耳元で、無邪気に目を輝かせたサリサリが囁く。なんだか、だんだん全て承知の上でやってるように思えてきたぞ? 「あーもう、分かりました! やるよやりますよ!!」
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!