2 / 7

第2話 妄想せよ黒歴史! マルルクきゅんとの憩いのひととき

 パジャマ兼用の部屋着が埃まみれだということで、着替えを用意された。サリサリが着付けを手伝うというのを丁重に断り、小部屋に籠る。姿見の前の椅子に腰を下ろすと、両掌で顔を覆い、低い呻き声を上げた。 「あ”あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!」  恥ずかしい! なにが「風牙狂乱(ストームファング)ッ!」だ!?  馬鹿なの? 馬鹿じゃないの?  ひとしきり呻いて平静を取り戻す。だけど、あの黒歴史の遺産で命拾いしたのも確かだ。いったいどういうことだろう。  何かの理由で、自分で書いた物語の夢を見てる。現実では、頭を打って病院のベットの上じゃないか?  ――そう考えたが、サリサリやキケロというキャラクターを作った覚えはない。  ならばここは本当に異世界で、実はわたしには秘められた魔法の力があったり?  姿見に向かいムムムと念を込めてみるも、持ちあがったりはしない。  ……違うか。これじゃ中二病そのものだしな! 「あ”ぁッ!! あ”あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!!」  ぶり返す恥ずかしさに、椅子の上で反り返り顔を覆う。  鏡に映るわたしの顔は、涙目で首筋まで真っ赤だった。  サリサリによると、ここはイスタリア王国の北の砦で、城壁の外には、魔導書『偽・万魔録(ゴエティア・オルタ)』を手にし叛旗(はんき)を翻した、北方候ラグノスの軍が迫っているのだという話だった。  夜明けには城攻めが開始されるが、王都からの援軍は間に合いそうにない。最後の望みを掛け、魔導士であるサリサリは、知られざる異邦に住まう魔神を呼び出したのだと。 「なんだよ~~! 人型決戦兵器かよ~~?! 戦争は人間同士でやってよ~~~~!!」  砦から逃げ出そうにも、ラグノスの軍に囲まれている。万が一戦いをやり過ごせても、元の世界に還るあてもない。 「どうすんのよ、この状況……」  あきらめ混じりのため息をこぼしながら、用意された着替えを手にする。  なんだ……布が少ない……レース地の部分もやけに多いような……。             § 「あの……大丈夫ですか、サワコさま? 先程から苦しげな呻き声や、『殺す気か? いっそ殺せ!』という声が漏れ聞こえてましたが……」 「あー、うん。平気」  短いスカートのすそを引っ張りながら、心配顔のサリサリに愛想笑いを返す。胸元は大きく開き、ありもしない谷間からおへそまで透けている。上から99・55・88の体型なら蠱惑的な魔女に見えるだろうが、すとんとしたわたしが着ると、タチの悪い罰ゲームでしかない。 「服を用意したのはサリサリ? これしかないのかな?」 「お似合いです、サワコさま! 魔性の魅力に満ちあふれています!」  どんな魔神を呼ぶつもりだったのか知らないけど、これはわたし向けじゃないだろう? よく見てよ?  城内は武装した兵士が慌ただしく行き交っている。でも、サリサリに連れられたわたしを見ると、誰もが顔を強張らせ足を止める。中には壁際にまで下がるひとも。  堂々としてればいいの? くそう、誇らしさなんて欠片もないけどな!  開け放たれた両開きの扉の向こうでは、地図の広げられた大きな円卓を囲み、10人ばかりの男達が喧々諤々(けんけんがくがく)の議論を交わしていたが、サリサリの控えめなノックで、水を打ったように静まり返った。 「サワコさまをお連れしました」  おどおどしながらも、どこか誇らしげな様子でサリサリがわたしを紹介する。場の雰囲気に飲まれたわたしは、キャラづくりも出来ないまま軽く頭を下げた。 「それがオマエの言ってた、『偽・万魔録(ゴエティア・オルタ)』にも記されていない魔神か?」  上座に座る、赤毛の青年が声を上げる。口も悪いが目つきも悪い。 「守備隊長、ハインツ・ローデシア卿です」  小声で耳打ちし教えてくれるサリサリ。どうやら苦手な相手らしい。わたしの後に隠れるようにしている。 「どんだけ使えるのか知らねぇが、一人でこの劣勢をひっくり返せるほどのタマか?」  ハインツは額に血の滲む包帯を巻いている。そういえば、廊下ですれ違う兵士たちにも負傷者が目立った。  不意に、サリサリの言葉の意味に思い当たった。この軍は、既に将を失い敗走を重ね、相当に追い詰められているのだと。 「サワコさまは影のキケロを、鎧袖一触(がいしゅういっしょく)で蹴散らすほどの、魔力の持ち主なんですよ!」  ざわめく室内。言ってることは間違ってないみたいだけど、だいぶ盛ってる!  かたわらに立つ従者の少年の報告で、ハインツは初めて事態を把握したらしい。 「ほう。序列30位の悪魔を一撃で……面白いじゃねぇか。その力、オレにも見せてみろ」  歯を剥き出しに獰猛な笑みを浮かべ、腰の剣に手を掛けるハインツ。  まずい、バトルジャンキーだ。さっきは無我夢中で魔法が発動したけど、今度も上手くいくとは限らない。逆に、怪我させないよう手加減出来るかも分からない。 「わたしの魔法は見世物じゃあない」 「……何?」  緊張で声が低くなったのが幸いした。クールなハスキーボイスに聞こえる。自作小説『後宮のエトランゼ』の登場人物、女暗殺者黒蓮(こくれん)のセリフをまねたものだ。これも書き終えてないけど。 「サリサリはわたしを召喚し責を果たした。わたしの腕を疑う前に、あんたは守備隊長の責を全うすべきじゃないの?」  こわばる口元を無理やり歪めて見せる。……皮肉っぽく見えたかな?  キケロの侵入を許した事を揶揄された赤毛の守備隊長は、怒りに顔を朱に染めたが、やがて剣を収め荒々しく椅子に腰を下ろした。 「分かった、行け。マルルク、部屋を用意してやれ」  はらはらした表情で成り行きを見守っていた、従僕の少年が駆け寄ってくる。正直わたしもびくびくものだった。漏らしそう。トイレ行きたい。  わたしを見上げる従者の少年の眼差しに込められた、畏怖と敬意に気付くと、そんなセリフは言いそびれてしまった。             § 「ハインツさまのこと、悪く思わないでくださいね。お若くして急に守備隊長をまかされて、ずっと気を張りつめておられるだけなんです……」  金髪おかっぱの従者の少年マルルクくんは、お茶の用意をしてくれながら、上目づかいで主人を庇う気遣いを口にした。 「口下手だけど、ほんとうは優しい方なんです」  優しい笑顔。天使か。  あの赤毛のバトルジャンキーも、見てくれは悪くなかった。やっぱりこの子が怪我の手当てや、お風呂のお世話もするのだろうか。主人の引き締まった肉体を前に、敬意と憧れ以上の感情を抱き、戸惑ったりもするんだろうか。自分でも理解できない情動に突き動かされ、やがて主従の一線を越え――  いかんいかん。顔に出なかったろうな?  不思議そうな顔のマルルクくんに愛想笑いを返し、お茶をひとくち口にする。  わたしが過去のオタばれ以上に恐れていることは、腐女子化だった。  web上での知り合いを見ていると、脱けるどころか隠すのも難しそうに思う。お姉さま方だけではない。おそらく私より年下の子も含まれているだろう。18禁じゃないからと一度手を出すと、あっという間に隠し場所に不自由するほど増えるに違いない。そうなったら、とてもじゃないけど彼氏どころの話じゃあない。  でも、眺めてニヨニヨするくらいならいいじゃない?  異世界だから正確には人種は違うのだろうが、このくらいの年頃の白人の男の子はまるで天使のよう。なでなでくらいはしてもいいかなぁ。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!