1 / 10

設定

いつもの様に、のび太が最後のバッターに。 ところが、周りからの罵声と脅しの為に、のび太は大パニックを起こしてしまい、バットを振り回して、相手チームに傷を負わせてしまいます。 当然皆はのび太だけを責めて、彼は川に飛び込みました。 でも、彼は泳げないのに、なぜそういう行動に出たかと言うと、彼は相手チームと自分のチームに取り囲まれていたので、 川に逃げるしかなかった。無論皆は、のび太が泳げないのを知っていたが……誰も彼を救おうとせず、皆は、 「ぼ、僕知らない!」 「あ、こら! 僕も知らない。さいなら~」 「おお、俺だって知るか。のび太が勝手にやった事だ!」 と、全員は逃げてしまい相手チームも無論助けようとせず、一応救急車と警察が着ますが、その時すでに相手チームのケガは大した事ありませんでしたが、ジャイアンツのメンバーは、全部逃げた後で、向こうのチームは、ジャイアンツメンバーを知らなかった為、この事件は迷宮入りになりました。 そして、のび太が目を覚ましたのは、海底の宮殿でした。 登場人物 野比のび太。 どこにでもいそうな普通の少年ですが、成績と趣味で、みんなからいじめられ、実質孤立しており、野球もいやいややらされている。勉強が嫌いでも、あやとりなどの手や指が器用で、一度、しずかに、編み物を教えて欲しいと言ったおり、その時、男子もいて、女になれ、スカートはけとからかわれ、一番の味方のはずのしずかにも笑われ、心を閉ざしてしまう。 なお今回は、ドラえもんは、ドラミと共にお出かけ中だった。 骨川スネ夫 町内では有数の資産家らしく、ちょっと珍しい物をもっていると、みんなに自慢し、のび太にだけは絶対に見せようとせず、彼だけ誘わず、自慢し、からかって、警察沙汰の事ものび太だからという理由で逃げたこともしばしばありました。 そして、今回の事件の時も、口八丁手八丁がうまく、のび太がどれだけヒドジな奴かをアピールしまくり、裁判でもそれをするが…… 剛田武 (ジャイアン) ジャイアンズと束ねるリーダーではあるが、その裏には、皆を怖がらせ、無理やり練習をさせている。大人の監督が居ない為、実質無法地帯。 今度のゲームでものび太を川に追い込み飛び込ませた。 当然助けようともせず、皆はその様子を、笑うだけだった。 親には弱いらしく、すぐに逃げる。 今回は、一番の犯人と言ってもいいが、今回の事件で、初めて鬼太郎(6期)を見た時、普通じゃないと感じるが、鬼太郎は全然ビビらずだった。 野比玉子 のび太の親だが、今回の事件で、私に似てない。私の子じゃないと逃げてばかりいて、DNA鑑定に出せとばかりに怒鳴りまくり、裁判をめちゃくちゃにした。 野比のび助 のび太の父親だが、ケガをさせた相手との取引が、全部お流れになり、会社に残るか、ここを出ていくかという選択を迫られ、家と土地を全部売って、賠償金にするが、もう一方の親は、離婚しろとなり、またもここで裁判が酷いありさまに。 ゲゲゲの鬼太郎(6期) ゲゲゲの森に住む、幽霊族の生き残り。 目玉の親父さんとともに、暮らしている。 さまざまな技を使い、これまで、数多くの問題を解決してきた。 今回は、ジャイアンツのメンバーの1人が妖怪にさらわれたという猫娘の話を聞き、事件に巻き込まれた。 目玉おやじ 鬼太郎の父親で、普段は鬼太郎の髪の毛の中にいる。 今回の事件を聞いて、ジャイアンツ側に問題があると推理する。 猫娘。 身長が高い妖怪で、妖力を持つ猫妖怪で、スタイルはいいが、一度怒ると誰より怖い。 砂かけばばあ 鬼太郎達のよき理解者で、砂を操る妖怪。 そして、どういうわけかハイテクな物になぜか詳しいらしい。 今回の事件の時も、鬼太郎の仕事を率先して手伝った。 子泣きジジイ 鬼太郎のよき理解者で、泣くと石のようになり、凄まじい重さになる。 一反もめん 今回は、色々と人を乗せて飛び回り、かなり忙しいキャラとして登場。 ぬりかべ 巨大で平べったい石の妖怪で、しずかの家のみはりをしていた。 ドラえもん おなじみのキャラだが、今回は、出かけていたせいで、こんな事になるとはと嘆いており、親友テレカを使い、王ドラ、ドラリーニョ、ドラメッド三世、エルマタドーラ、ドラ・ザ・キッド ドラニコフを呼び出した。 王ドラ。 中国にいる格闘タイプのドラえもん。いつも修行に明け暮れており、そのたびに強くなっていく。 ドラリーニョ ブラジルのサッカー選手。今回はさっそうと駆けつけるが、いきなり忘れていて皆をズッコケさてた。 ドラメッド三世 魔法を使うタイプで、水が大の苦手。移動する時は、じゅうたんに乗って移動する。 エルマタドーラ 闘牛を得意とし、ドラえもんズ1の力持ちなのだが、何所でも寝てしまうのが、困りどころ ドラザキッド アメリカにいる射撃名人のドラえもんで、エドという相棒がいるのだが、実はキッドは高い所が超苦手。 ドラニコフ ロシアの大地にいるのだが、ほぼ口はマフラーに捲れてしまっており、何を言っているのかわからず、ガウガウとしか言わないのが困りもの。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!