1 / 1

第1話

家電総合アドバイザー 立花は「日立の冷蔵庫は安くて性能がいいねー」というと 木村は「そこはAQUAだよ。ハイアールの傘下に入ったとはいえ SANYOのノウハウが入っている。安くて電気消費を考えるならAQUAだよ。」と語る。 立花は「どこで学んだ?」と云うので木村は「NHKスペシャル逆襲のシナリオだよそれくらい常識だろ?」と云うので立花は「この男は頭がキレル敵にまわしたくない。」と密かに思うのだった。 木村は「家電は俺にまかせておけ冷蔵庫から掃除機まで答えてみせる。」と豪語する。 立花は「掃除機はどこがいい?」と木村に訊くと木村は「掃除機はダイソンだけじゃないシャープや日立なども努力して日々研鑽に励んでいる。」と熱く語る。続けて木村は「掃除機はシャープはサイクロン式スティックパワーがあるし日立はコードレススティッククリーナーがある。」と語る。立花は「何か販売の資格をもっているのか?」と問うと木村は 「家電総合アドバイザーの資格を持っている」と云うので 立花は「あの白物家電、黒物家電まで把握する凄い資格か?」 と問うと木村は「俺は税理士の資格も持っている。」と云うと 立花は「皆まで言うなお前がかじがやさん並みの凄い人ということが解った。もう逆らないから。」と消え入るような声で話すのだった。                                      完
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

作曲者が転生し、音魔法と音楽で異世界を無双するファンタジー
連載中/29話/107,695文字/0
2018年3月6日
いいか、全知全能と無量大数はスタート地点だ!
連載中/71話/306,291文字/0
2018年4月2日
伝説の英雄譚ーその英雄騎士団の記憶ー
連載中/118話/1,397,184文字/0
2018年3月7日
4時間で異世界を救うRTAはーじまーるよー
1
2
完結済/2話/9,933文字/19
2017年12月8日
かいとは大学を通いながら書店でバイトをしている。そこにいる個性豊かな仲間達と謎の猫の日常系物語
1
1
1
1
連載中/3話/3,856文字/-64
2018年1月28日
不幸すぎる少女が幸せをつかむまでの話
連載中/1話/609文字/0
8月29日