1 / 1

第1話

「お前だけが苦しいんじゃない。と先輩に言われたよ。」 と前田は中村に語ると親友の中村は「それは真理だと思うよ太古の昔から云われ続けた言葉だ。」と前田に語ると前田は「やはりそうか?俺が甘いんだな言ってくれる先輩に感謝しなければならないのかな?」と語ると中村は「連ドラのエールでも言っていたお前だけが苦しいと思うなよ。と鉄男も久志に言っていた。」 前田は「主人公の裕一はどこまでも友達思いだねー。あそこまで 友達思いの人もいないよ。」と語る。 中村は「久志はあれだけ思ってくれる人達がいるのに何故心を閉ざすのだろう?」と語ると前田は「戦争のせいだよ戦時歌謡の歌い手ということだけで責められ続けたからだよ最愛のお父さんはお前の息子は戦犯みたいなもんだと言われて心労で亡くなったしね。」と語る。 中村は「今、コロナの最中でどれだけの人達が職を失っているからこそエールが受けるんだね。」と語る。 前田も「苦しい中にも一歩づつ進もう。現代も戦場みたいなものだけどみんな苦しいのに自分だけと思うのは間違いだ。」 中村も「お前だけが苦しいんじゃない。という言葉を心に刻もう 。」と語るのだった。 完
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

男子高校生の少年はある日、学校が終わったあとの「4時間」を繰り返す。
連載中/1話/853文字/0
2017年12月18日
田中は田舎の高校に通う三年生。下校中、悩みを抱える彼の前に都市伝説「神隠し」が牙を剥く。
完結済/3話/9,977文字/0
2017年12月27日
これは、迫害された七人の魔法使いの物語
連載中/6話/4,790文字/0
2019年3月10日
吝嗇の前田はそのケチさと歪んだ心で友達の筒井と別れを告げるのだった。
完結済/1話/591文字/0
6月5日
実体験を小説にしてみました。
完結済/1話/625文字/0
10月20日
ある人形ショップで、のび太が人形師より、ジャンヌという名の人形をもらうが、これが事件を起こしてしまう
8
5
2
完結済/9話/46,521文字/0
11月29日