1 / 3

設定

 1 六角中  葵剣太郎(あおいけんたろう) (ルパンそっくりな顔をしている) 1年部長(ちなみに部長はオジイから君と言われて部長になった。       テニスはかなり出来るようだが、まだまだと頑張り中。       若干子供っぽさも残る彼だが根は真面目。       関東大会の時、越前リョーマと 1日で決着がつかなかった程のパワーを持つ。       全国大会では惜しくも比嘉中に敗れてしまった。  オジイ   六角中テニス部の顧問かなりの高齢だが、何歳かはいまだに不明。       ちなみに皆が使っているのは全てオジイのお手製       海の事を良く知っており、皆をまとめている  佐伯小虎次郎(さえきこじろう) 六角中の3年。前髪だけがなぜか白いが結構男前。        気が利く優しい性格の人だが、事テニスとなると、かなりの威力を出す。        ちなみに青学の菊丸とはライバル同士らしいが、詳細は不明。  黒羽春風(くろばねはるかぜ) 六角中3年黒髪が逆立った人で、皆からはバネさんと呼ばれており、よくダビデのボケにツッコミまくっている為、お笑いコンビと間違われる事もしばしば  天音ヒカル(あまねひかる)  六角中2年で、茶髪のもじゃもじゃ頭だが、本気の時になると、髪の毛を 結ぶ。ダジャレが趣味のようだが、そのたんびにバネさんに突っ込まれて いる呼び名はダビデで、彼の持ってるラケットはかなり長い。    樹希彦(いつきまれひこ)六角中3年で、鼻息がいつも汽車の様にポーっとなる事がある。        みんなからはいっちゃんと呼ばれている。 2青学編 (テニスの王子様主人公)越前リョーマ(えちぜんリョーマ)  一年にしてスーパールーキーなのだが、彼曰く、「まだまだだね」らしい。 嵐やテニス関係以外にはあまり興味を示さない今回の登場で、ようやく嵐を知った。 桃城武(ももしろたけし) 2年生にして、大食い。これまで次々と色んな技を磨いて来た。今回の遠征試合では、ジャックナイフやダンクスマッシュを披露し、周りからはモモちゃん先輩と呼ばれている。 海堂薫(かいどうかおる) 同じく2年 いつもバンダナを巻いており、トレーニングに明け暮れている。その為、かなりの技を編み出して来た。桃城と仲が悪いのだが、お互いをライバル意識の様に思っていたらしく、よくケンカもするが、息がぴったりで、全国大会では、マスクをかぶって試合に臨み、相手の裏を完全にかき、見事勝利を収めた。ちなみに動物は好きらしいのが、なかなか懐かれずにいると思いきや、越前家のカルピンにはよくなつかれている。怖そうな顔をしているが、根はまじめ。 河村隆(かわむらたかし) 3年生の寿司屋の息子で、高校から寿司屋の修行をするらしい。普段温厚せな彼なのだ  がラケットを握った途端バーニングモードになってしまう。(外すと戻る) 大石秀一郎(おおいししゅういちろう)  青学テニス部3年で、菊丸とコンビを組んでるダブルスプレイヤー。副部長をしており、かなり苦労している。ちなみ外部受験を希望しており、将来は、医者になりたいらしい。卵君というあだ名もあるそうだ。ちなみに焼き肉に関してはかなりうるさい焼き肉奉行になってしまう事も。 菊丸英二(きくまるえいじ)  青学テニス部3年……のはずだが、どう見ても中身はお子様……お菓子大好きっ子のサーブ&ボレーヤーで、大石のコンビは抜群なのだが、最近は1人で4人まで分身が可能になったため、大石自体も困惑中。赤い両端にはねた髪の毛が特徴。 不二周助(ふじしゅうすけ)  青学3年で、茶髪で温厚な人だが、テニスだと一点して、かなりの技の持ち主でカウンターパンチャー「僕に勝つにはまだ早いよ」が口癖。ちなみに手塚の事をずっとライバル視していた様子。天才と呼ばれるのはあまり好きではないらしい。 乾貞治(いぬいさだはる) データテニスを得意としており、一度はレギュラーから退くが、その時は参謀役として活躍、で、自分の作った特製ドリンクを罰ゲームと称して飲ませようする。不二にはあまり効力がないかと思われていたが…… ちなみに海堂のトレーニングメニューを考えたのも彼であり、越前にはチビなのを気にしているからか、牛乳の本数や、3食メニューを考えた事もあった 関東大会で無事レギュラーになり、長身を生かしたショットを打てるようになった 手塚国光(てづかくにみつ)  テニス部部長、関東大会で腕を痛めた為、ドイツにある病院に入院していた。 全国大会で、無我の境地から新たな技を発動させ比嘉中をフルボッコ。ちなみに彼はアイドル関係には無反応。純和風の家…でもないのだが、なぜか固い性格。 3氷帝編 跡部景吾(あとべけいご)  氷帝学園テニス部部長。200人ものメンバーを一気にひきいている。 ちなみにレギュラー落ちした者は勝ってでもレギュラーとして使って貰えなくなるのだが、宍戸がレギュラー落ちから這い上がろうとした彼を後押しし、無事レギュラーに復帰させた。かなりのお坊ちゃまので目立ちたがり屋ど派手な性格 忍足侑士(おしたりゆうし)  中学3年生。藍色の髪をして、丸眼鏡を掛けているが、本人が目が悪いという訳ではないテニスの経験はかなり高い。跡部が一番信頼している人間とも言える。ちなみに大阪では何度か転校を繰り返して来たが、岳人と友達になり、今ではすっかり仲良しになった。 樺地宗弘(かばじむねひろ)  氷帝学園2年生にして、跡部の付き人の様なそぶりを見せる。本人はあまり話を得意ではないようだが、跡部の命令で動く事が多く、どうやらイギリスから追いかけて来たらしい。ちなみに彼のプレイは純粋な為、見た物をそのままコピー出来るのだが、自分の体系を考えずやってしまって負けてしまう事も… 鳳長太郎(おおとりちょうたろう)  氷帝学園2年で、灰色の髪をした、根が優しく温厚で、音楽が得意。父親が弁護士の為か、結構なお金持ちらしくイギリスの家庭料理が好きで、シシャモは本物が好きらしい。かなり背が高い為、それを生かしたビックサーブを武器としており、ダブルスプレイヤーの宍戸を信頼している。 向日岳人(むかひがくと)  氷帝学園3年赤く丸い髪をした小さな選手。だが、かなりの大食いらしい。      その場の雰囲気で行動してしまう為、それがあだになる時も多く、それが原因で関東大会で敗退する要因になってしまった。 持久力がないのをずっと気にしてる。サーブ&ボレーヤーで、特に跳躍力もかなりの物で7~8mは軽々だ。 宍戸亮(ししどりょう)   氷帝学園3年で、常に帽子をかぶっている。都大会で敗退してしまい、一度はレギュラー落ちするが、断髪して、レギュラーに復帰。今では鳳とコンビを組み、氷帝ゴールデンペアと呼ばれている。ちなみに彼は庶民らしく、ずっと気にしている。 中1の時に岳人と一緒に跡部に戦いを挑むがあっと言う間に負けてしまった。 芥川慈郎(あくたがわじろう)  氷帝学園3年。いっつも寝ており、起きてる時が珍しいい位だと言われているが、いざテニスの試合となると、人が変わった様に、テニスを楽しむ。サーブ&ボレーヤーだが、持久力がないらしい。 日吉若(ひよしわかし)   氷帝学園2年で、次期部長候補。彼がテニス部に入るきっかけとなったのは忍足VS跡部の試合を偶然見ていた為。そして、この時から、跡部は自分が倒すと誓っていたが、結局叶う事はなかった。古武術の道場が実家の為か、演武テニスを得意としているのだが、リョーマに敗退して以来ずっと気にしている。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!