1 / 1

第1話

PSYCHO-PASS 石井が興奮して怒っているので、村上は「いったいどうしたんだい?」と訊く。石井は「いい人だと思っていたのに狂った内容の 電話がかかってくる。私の初診日はいつとか?障害年金欲しさに 簡単に障害年金は下りるものと勘違いしているんだ。 それともう25年も経っているし俺は病院のケースワーカーでもないのに俺にかけて くるんだ。」と怒りが収まらないので、村上は「俺に当たってもしょうがないだろう?怒りが転移しているよ。」と目玉を丸くした。 石井は「納得できないなあー精神は医療従事者でさえ嘘をつく。」 と更に興奮するのだった。村上も「東大や慶應のお医者様はプライドばかり高くて威張るから嫌だなあー俺も経験したことがあるから言うけど慶應の研修医の女医は遅刻を看護師のせいにする。」 石井は「他の患者に電話番号は教えない方がいいよ。」と語る。 村上は「あの話か?夜中の二時半に固定電話にかけてくるんだろ?五木の電話番号を教えろとかかかってくる訳だ?同部屋で も仲良くないから知らないというと代わりに聴いてとかいう祥子だろ。」 「まあ、石井よ松永先生の患者は狂うまえに歪んでいるんだ自制心 で乗り切れ。」と言う。 石井は「もう精神の患者には関わりたくない。」と語る。 「石井よ俺は裏切らないから安心しろ。10代で統合失調症に かかった人は可哀そうな人達なんだ。中には休職中の人もいるし。」 と村上は語る。「村上よありがとう俺もお前を裏切らないよ。」 二人は友情を誓うのだった。 完                
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

作曲者が転生し、音魔法と音楽で異世界を無双するファンタジー
連載中/29話/107,695文字/0
2018年3月6日
世界を認識したNPCは、何のために生きる
連載中/12話/57,610文字/0
2017年11月1日
伝説の英雄譚ーその英雄騎士団の記憶ー
連載中/118話/1,397,184文字/0
2018年3月7日
高校生の剛はある日、とてつもないほどの業火に巻き込まれる。そこで白髪の少年と出会って・・・
連載中/1話/414文字/4
2018年3月27日
これは、迫害された七人の魔法使いの物語
連載中/6話/4,790文字/0
2019年3月10日
ある4人の不思議な雨を体験するお話
連載中/1話/171文字/0
1月8日