1 / 1

プロローグ

おはよう」 返してもらえるはずがないのに口にしてしまう。昔は返してくれ るかもしれないという希望を持って言っていたけど、この半年間 返して貰えなかっただから諦めたのだ。だからもうこれは自分が このクラスに認識されてないのを確認する儀式のようなものなの だ。 ごたごた考えている間に<あいつ>が来た。私がこのクラスで無 視されるきかっけを作った奴だ。その名も宮島希羅だ。ちなみに 私の名前は結城美奈だ。 この学校は女子校。超単純馬鹿な男子もいない上集まった子達は プライドの高い子供ばかり。その中でも女王様気質な希羅がクラ スの王様ってわけだ。その女王様が私を標的に定めた。その時か ら意地悪をする人はいても話しかける人は居なくなった。 教科書がない。次は数学なのに教科書がないのだ。ゴミ箱に視線 を走らせると破れた教科書が入っていた。 又お母さんに怒られる。無駄な出費を増やすなって。お母さんは 私がいじめられていることを知らない。だから私が破った無くし たと言っているのだ。なぜ言わないかというといっても意味がな いからだ。言ったら一度は謝ってくれるだろう表面上は。裏では 逆恨みされてもっとひどくなるだけなのだまったくもって無意味 だから言わないのだ。 話がそれたが兎に角ごみばこから教科書を救出する。お母さんに 怒られるのか嫌だな。そう思って席に戻ろうとすると足を引っか けられた。転ぶ。それだけで済むはずだった。白い魔法陣が教室 の床全体に広がってなければ。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

パーティ組んだはいいけど全員弓使い!戦争ばかりの世界で今日も楽しく生きますよ!
1
連載中/20話/59,819文字/0
2018年5月19日
いろんな人に振り回される2人の高校生のお話。
2
1
2
3
連載中/167話/366,712文字/0
2019年3月19日
『自称・探偵』『秘術使いの科学者』『元職業殺人鬼』――そして、"怪異"
1
連載中/30話/161,001文字/0
2018年10月20日
信長派生キャラ全員集合! 敵も味方も信長ばかり!
完結済/13話/46,069文字/0
2017年11月8日
少年少女の成長ストーリー。
完結済/130話/174,099文字/0
2018年5月24日
ある4人の不思議な雨を体験するお話
連載中/1話/171文字/0
1月8日