34 / 36

何も持たない奴等ノウタ (2020.2.26)

 どんな場所で花開くの 結局枯れることを知っているのに  ソシテ分かるの 理解してるの?   この世の悪臭 日向の笑顔 日陰のざわめき  受け流していた奴等(ボクラ)の歌 何も持たないボクラの歌  どんな色で花が咲くの 結局腐ることを知っているのに  ソシテ分かるの 予感してるの?  この世の輪廻 潤す雨 乾いた土  聞き流していた奴等(ボクラ)の鼻唄 何も持たないボクラの鼻唄  どんな季節で花萎むの 結局朽ちると知っていたのに  ソシテ忘れる 望んでいるの  この世の平等(オワリ) ただひとつ与えられた  歌っていた誰かの叫び 何も持たないボクラの囁き  何かを持った誰かの嘆き 終わる終わる平等に 何も持たない奴等(ヤツラ)の歌も  どんな場所で どんな色で どんな季節で  日向の匂い 濡れた煌めき 芽吹いた時に与えられた  乾涸び 根腐れ 手折(たお)られる  何も持たない奴等(やつら)の歌 静かになる  一斉に
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!