2 / 2

第2話

第四章 雨ニモマケズ 「賢治のかかせない作品と云えば銀河鉄道の夜だよね。」と佐々木は筒井に語る。と筒井は「素晴らしい作品で、ますむらひろしが主人公を猫の設定で映画にしたんだよ。」と筒井は語る。佐々木は「風の又三郎も忘れらないよね。?」と筒井に語る。 筒井は「なんと云っても賢治の良心が如実に顕れているのは雨ニモマケズだよね。?」と佐々木に語ると佐々木も「素晴らしい詩だ。」と語り、「あれは死後手帳から発見されたんだよね。」と感慨に耽ると筒井も「うん、あれは賢治の清い心を如実に顕していると思う。」と語る。 また筒井は「作品の良さに惹かれた草野心平の尽力だけでなく大衆が欲した優しさだよ。」と語るのだった。 完
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

冒険者だったけど、やめた。
2
1
7
完結済/52話/106,428文字/11
2017年12月15日
たとえ世界が枯れ果てても、俺は君に泣き止んでほしかったんだ。
連載中/4話/16,276文字/0
2017年10月26日
不思議な力を持つ本たちと人間の、日常あり、バトルあり、青春ありの不思議な3年間を描いた物語
連載中/3話/6,276文字/0
2018年3月6日
紹介文を読んでくれ。しっかり読んでくれ。彼の気分を感じてくれ。それから本文へ
連載中/1話/1,335文字/0
2018年2月10日
連載中/1話/415文字/0
2018年4月2日
逆異世界転移ものです。
完結済/17話/68,855文字/0
12月31日