1 / 2

第1話

                   慈悲 第一章 慈悲深い天才 佐々木は「慈悲深い天才は宮沢賢治だろうね。?」と筒井に語ると 筒井は「その通りだと思う。或る意味栄光なき天才だとも思う。」と語るのだった。佐々木は「それはどうして?あんなに有名なのに?」と問うので、筒井は「注文の多い料理店などは殆ど売れず賢治自身が買い戻したそうだし生前は無名の為評価がして貰えなかったそうだ。」と語る。 第二章 父親との確執 「それと賢治は父親との対立があったそうだよ。」と佐々木に語る。佐々木は「そんなことがあったの?」と聴いて「どうしてそんなに父親との確執があるの?」と筒井に訊くので筒井は「冷害で苦しむ農民に対しての質店としての商いじゃない?」と語るのだった。 第三章 永訣の朝 中学の授業で坂本先生が黒板に永訣の朝を板書したのは忘れられないなあ-」と筒井が語ると佐々木も「感動的な詩だよね」と筒井に返す。筒井も「雨雪とてきてけんじゃの一小節は忘れられない。まさに薄幸の死だよね。」と語るのだった。佐々木は「賢治の春と修羅がたまらなく良い。」と語ると筒井も「春と修羅は賢治の処女作だね。」と頷くのだった。 語り足りない筒井は「賢治は本当に心根の優しい人で無料で農民 の為に農薬の調合などをして農民に尽くしたんだよ。」と語る。 佐々木も「弱き者、弱者へのいたわりの心だね。」と感服するのだった。また筒井も「賢治のお母さんも優しい人で琴瑟相和すだったんだよ」と語る。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!