2 / 2

第2話

ドギマギドンパチドキドキラブラブ学園物語。 この凝ったタイトルと凝った作りと、戦略パートという「曹操の野望」みたいな全く違うジャンルの要素を取り込んだこのゲーム。 そっちの要素も恋愛シミュレーション要素を食い破るほどにめちゃくちゃ凝った作りに仕上がったことで、2つの界隈のファンを獲得し人気を博した。 この乙女(疑問)ゲームは、アウラシュニカ王国の王侯貴族子女たちが通う「王都貴族院学園アウルサンネ」という学園を舞台に、先王の遺児であるヒロインが学園内外で攻略対象者たちとイチャラブしたり、悪役令嬢の妨害に打ち勝ったり、小遣い稼ぎに戦場に立ったり(待てコラ!)して活躍する、というのが基本的な流れである。 最終的に先王の遺児であることが発覚し、女王となってアウラシュニカ王国を率いることとなり、隣国ドラウグル大帝国の侵略から祖国を守るために戦うのだ。 学園では攻略対象ごとにストーリーが異なるが、女王になってからドラウグル大帝国と戦うまでは基本的な流れが1つとなる。 しかしこのラスボスのドラウグル大帝国は物語の舞台において大陸最強を誇るだけあり、勝つのがとても難しい。 攻略対象には別の国の王子がおり、彼との親密度が一定以上あれば同盟を結んで援軍を得ることができる。 ……戦略方面が素人のプレイヤーには、彼の協力が間違えなく必須であろう。 攻略対象は全部で4人。 王子様キャラであるアウラシュニカ王国現王の長子でヒロインのいとこ、オズワルド・コハン・アウラシュニカ。 年上キャラである大陸屈指の強者揃いの伝説の傭兵団「鮫牙師団」の首領、ウィリアム・グレンギース。 知的キャラであるアウラシュニカ王国の友好国「パルゲニア王国」第一王子、シャルル・ド・アストレア。 隠しキャラ兼人外キャラであるアウラシュニカ王国宰相子息(養子)で絶滅したはずの吸血鬼族の最後の生き残り、ブラッド・エグゼキューショナーズ。 学園では2人の王子、戦場ではウィリアムとの交流ができ、交流を重ねるごとに親密度が上がっていく。 親密度が一定のラインを超えたらイベントが発生し、キャラのイベントをコンプリートしたらその攻略対象のルートがクリアとなり恋愛パートのエンディングに向かっていく。 エンディングを迎えたら、ヒロインが王族であることが判明するイベントに移り、女王になってドラウグル大帝国との戦いに備えるパートに移っていく、というのが基本的な流れである。 その他システムにはヒロインの能力値とその育成もあり、これは戦略パートに大きく響いてくる。 勉強だったり、運動だったり、小遣い稼ぎという名の傭兵稼業(もう突っ込まねえからな)であったり…… 親密度を上げるには、物を贈ったり、会話をしたり、ウィリアムなら戦場で救援に入ったり……そういったことで親密度は上がる。 逆に途中から出てくるそれぞれの攻略対象のライバルとなる悪役令嬢たちの妨害によって下がることもある。 親密度の上げやすさが攻略難易度に直接的に影響しているが、一番楽なのはシャルルだろうか。半分くらいまでは簡単に親密度が上昇するし、彼のルートに限っては悪役令嬢がいないため親密度が下がることもない。半分くらいからは上がりにくくなるが、ヒロインの育成にも落ち着いて挑めるし、戦略パートでも彼の王国の援軍の有無はクリアにかなり影響が大きいので、攻略は一番簡単だろう。 逆に一番難しいのが、隠しキャラのブラッドだ。こいつ、かなりぶっ壊れた性格をしているので、イベントでは簡単な選択ミスですぐに親密度関係なくヒロインを殺しにかかるというブラッドルート専用の「デッドエンド」に走り出す。 それに他の攻略対象と交流を重ねると親密度も低下しやすくなるし、親密度自体上がりにくく時間が必要なのでヒロインの育成が進まないし、こいつのルートに限って戦略パートも難易度が激難でシャルルの援軍有りでもシャングロの用兵が強すぎて勝てないのだ。 ブラッドが味方について吸血鬼の力を解放してくれるとはいえ、ブラッドルートのシャングロ率いる大帝国軍はそれを補って余りある鬼畜の性能を有している。 まあ、ブラッドは他の三人の攻略対象をクリアしてシャングロを撃破しないと関わりを持つことさえないから、そこまで熱入れてやるべき相手でもないけどな。 ブラッドは攻略が難しいけど、イベントはいろんな意味で一番過激なものが多く、女性ファンの人気は花形のオズワルドに匹敵する勢いで高い。 シャルルはイベント方面も安全牌なせいか、この2人に比べると人気は少ない。 ウィリアムは……兄貴って感じだからな。妹はウィリアムが一番好きだと言っているけど、こいつのルートは学園に比べて毛色が違う乙女ゲームに似合わない方面に振られているからか、一番女性ファンの人気が少ない。 戦略ゲーム、アクションゲームの要素を楽しみたいならどうぞって感じのキャラだろう。 4人の攻略対象は、乙女ゲームの攻略対象というだけあり、全員美形である。 オズワルドは金髪碧眼のイケメンで、まさに王子様ってキャラだ。公明正大で、女性にも優しく、紳士である。花形というだけあり、乙女ゲームの攻略対象の王道を行くようなキャラだ。彼のイベントも王子様との恋模様というのを描いた煌びやかなものが多く、無駄にスチルもキラキラさせていた。今となってはどうでもいい情報だが、妹はあまりお気に召さないキャラだった。 シャルルはインテリ眼鏡、という感じだろうか。黒髪黒目の優男。物腰も落ち着いており、無感動な印象を受ける一方、常に落ち着いた態度で居ながらイチャラブのイベントを進めるシュールな……失礼。クールなキャラである。私にはシュールに見えるのだが、彼のファンはシュールとは捉えていないらしい。イベントもキスすら唯一ない健全なキャラだ。攻略難易度も相成り、ついたあだ名が「安全牌」である。 ウィリアムは兄貴分だろう。ワイルドな風貌の赤毛の戦士で、豪快な性格である。常時衣装が毛皮鎧で半裸だけど、セクシーさよりカッコよさを重視したデザインだった。彼とのイベントには暑苦しいものが多いけど、ふと見せる戦場という舞台を通じて積み上げたウィリアムの価値観とか、涙誘う仲間との死別シーンとか、ドラマチックな要素が多く見える。台詞の1つ1つを見ると、現代社会にも通じるものがあり、乙女ゲームの攻略対象がもったいないなんて言われる評価もされたキャラである。全体を通して、とにかくかっこいい人物だ。前世の妹一押しのキャラでもある。 ブラッドは、はっきり言って血なまぐさい。一見は優等生だが、その精神は銀髪赤目で端整という吸血鬼然とした不気味な風貌を表すようなヤンデレである。攻略は難しいし、イベントもグロさエロさともにダントツでトップクラス。R18指定するべき問題案件多数抱えたキャラだ。こいつとは、今世は絶対関わりたくない。アウラシュニカ王国じゃなくて嬉しかったの、こいつと関わりを持たなくて済むことだ、間違えないな。子供どころか大人でもショック受けるスチルも多く抱えた、まさに問題案件である。 その他、シャルルを除いた3人の攻略対象にはライバルキャラ、いわゆる悪役令嬢が登場する。 悪役令嬢に妨害されると攻略対象の親密度が下がってしまうのだ。 ライバルもまた個性ある方々が揃っている。 オズワルドの場合は、婚約者のアメリア・スチュアーデン公爵令嬢。金髪縦ロールで吊り目巨乳が特徴の、攻略対象同様に王道を行く悪役令嬢である。口癖が「オーホッホッホ!」というのまでテンプレだ。ヒロインに対する妨害はその高いプライドを前面に打ち出した気高き公爵家の令嬢として、追い詰められると陰湿な手段も持ち出すが、基本的には正面から正論を持って堂々と立ちふさがってくる。彼女の妨害イベントとかはざまあな爽快さだけでなく、コミカルな要素もたまにあるので、私も見ていて割と楽しいと思えるものだった。 ウィリアムの場合は、彼の率いる傭兵団、鮫牙師団の副長であるロザリー・ヒュレン。ウィリアムの参謀役を務める緑のショートヘアが特徴のクールビューティで、至って真面目。ウィリアムとの仲を妨害するのもヒロインをアサシンかスパイと警戒しているからであり、アメリアと違い嫉妬というよりも仕事だから妨害しているという感じだ。最終的には和解できるし。仕事をそつなくこなせるクールビューティキャラの影響か、ライバルキャラの中では一番人気がある。 ブラッドの場合は、これまた婚約者のエリザベート・ミュラン伯爵令嬢。ピンク髮のヒステリックな人で、やる嫌がらせはアメリアが子供に思えるほど陰湿で残忍。彼女の妨害でデッドエンドというイベントも少なくない。しかもブラッドに嘘を吹き込むから、妨害の度に親密度を大きく下げてしまう邪魔者である。しかしながら……ブラッドにヒロインの前で拷問受けた挙句に首チョンパされるんですよ。その髪を掴んで生首を持ち上げるブラッドのスチルが怖い。とにかく怖い。死体の顔と吸血鬼の顔、両方怖い。へたなホラー映画よりこのスチル一枚の方が怖い。夢に出てくるレベルの怖さである。 その他、物語を彩る脇役も多数登場する。 アウラシュニカ王国現王でオズワルドの父、そしてヒロインの叔父であるアルベルト・ヨハン・アウラシュニカ。 ヒロインの母であり前王の側妃であったマリア・アウラシュニカ。 学園におけるヒロインの親友、親密度を教えてくれたりするお助けキャラであるレイチェル・アーニッド侯爵令嬢。 戦略パートにおいてヒロインの護衛を務め、初めての部下として入り隣で戦い続けてくれる相棒キャラ、トマス。 アメリアに付き従う取り巻き令嬢四天王たちこと、赤髪のリディア・セクトメラ伯爵令嬢、青髪のノーラ・ストレチア伯爵令嬢、茶髪のテオーリア・アルサンバルク侯爵令嬢、緑髪のメイビス・オルガ伯爵令嬢。 吸血鬼狩りを代々努めてきた闇の世界の住人より人々を守ることを使命とするエクソシストの一族の末裔にしてブラッドの宿敵、ロベルト・ソーンダイク。 かつてドラウグル大帝国の侵略により滅亡したロンゴミアド公国からの亡命者である公王妃でありアルベルトの妹、つまりヒロインの叔母である大帝国への反乱軍指導者となる戦略パートのお助けキャラこと、シャリステラ・アウラシュニカ。 シャングロもその1人。 こいつの場合、恋愛シミュレーションのパートのエンディングを過ぎ攻略対象との結末を迎え、乙女ゲームとしては終わったも同然のヒロインが女王となった後に登場するラスボスだが。 しかし、製作陣は何を思ったのか。 この、シャングロ。攻略対象に並ぶ美形なのである。 普通さ、隣国の侵略者を率いる軍勢の総司令官っておっさんが王道だろ? その王道ガン無視で、ファンの間ではシャングロこそ真の隠し攻略キャラだ!なんて言われるレベルのイケメンとして描かれたのだ。 立場的には、ヒロインの完全な敵なんだけどな。 ……私が今世を歩むことになったのが、そのシャングロの人生である。 戦略パートにしか出てこない隣国からやってくる侵略者の軍勢を率いる総司令官。 ラストは戦略パートで彼の率いる軍勢に勝つと、最後のイベントに登場する。 敗走したところを追撃してきたヒロインとそのルートで結ばれた攻略対象の軍勢に追いつかれたという設定のイベントで、攻略対象ごとに違うが、共通してシャングロがヒロインに討ち取られて終わる。 その最期はせめて刺し違えてでも女王を殺してやると奮起して立ち向かうが、王国軍の集団に叩かれ攻略対象に手段は違えどチャリオットから落とされ、剣を手に立ち上がるが矢を受け投げやりを受け、それでも執念で女王に近づくが届かず膝をつきそこをズブりだ。 うーん……哀れな最後だな、何度思い返しても。 まあ、侵略者という敵役ではあるけど正面から叩き潰しにかかり、返り討ちにあっても将軍として最後まで大帝国に貢献しようとした死に様は、イケメンも相成り攻略対象にしたいというリピーターの声が多数出るほどに人気を博したキャラだ。 それが、今世の私。 ……何度でも言うけど、乙女ゲームに噛み合ってないラスボスキャラだよね? ゲームの本編に関わるの、恋愛シミュレーションパートが終わってからだよね? 乙女ゲームのキャラなのに、シナリオにここまで関わりを持てない存在となるとは…… 敵の総大将を討ち取り、ドラウグル大帝国に今回も勝利をもたらしたことでシャングロモードから前世の人格込みのプライベートモードに切り替わってしまった。 そのため、現在そんな感慨に戦場で耽っている。 アホらしい。 父上ならば、一括し殴り飛ばすところだろう。 今は本陣にいるだろうが。 その本陣から、大帝国軍に撤収の狼煙が上がっている。 「……引き上げるぞ」 配下に命令し、私も撤収の準備に取り掛かる。 今世の相棒である雷蹄獣というこの世界に生息する魔法を扱える生物の一種で、雷を纏う犀という表現がぴったりな二頭の巨獣に引かれるチャリオットを操作して、味方の本陣の方面に進めた。 剣は血まみれ、鎧も血まみれ、相棒の蹄もチャリオットも血まみれ。 これらは全部敵兵の返り血だ。 私自身には傷1つなかったとはいえ、前世の私だったら卒倒していただろう状態である。 乙女ゲームの世界で灰色どころか血の色の日々を過ごしている今世。 私は戦勝の報告を上げるために、父上のいる本陣に向かっていった。
いいね!
いいね!
いいね!
いいね!
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

執着心と歪んだ血愛(けつあい)
2
完結済/7話/15,071文字/0
2017年10月21日
剣を持つのは、その世界でただ一人。
連載中/21話/23,836文字/0
2018年7月14日
店長、店に勇者候補が来てるんですけど…?
1
3
完結済/16話/8,050文字/40
2017年11月2日
4時間で異世界を救うRTAはーじまーるよー
1
2
完結済/2話/9,933文字/19
2017年12月8日
金曜日の夜から始まる異世界転生
完結済/1話/5,842文字/0
2018年5月5日
そのカードに思いを込めて。
119
3
61
93
完結済/283話/578,340文字/16
12月20日