1 / 1

【R18】触手物語 「触手と魔法少女」

■登場人物 ●魔法少女リリカ とあるできごとをきっかけに、悪者から町を守るヒロインにされてしまった女の子。 ●闇帽子(やみぼうし) 闇魔獣(やみまじゅう)を連れて人々の希望を奪う、全身黒ずくめの老人。 いつも魔法少女リリカにコテンパンにされている。 ------------------------------------------------------------ ■ストーリー 「そこまでよ、闇帽子! 平和を乱す悪い人は、魔法少女リリカが許さないんだから!」 「くぅぅ~! 魔法少女リリカめ! 毎度毎度、邪魔しに来おって! だがしかし、今回はいつもと違う闇魔獣を用意しておるのじゃよ。闇魔獣ゲムドよ、魔法少女を捕まえるのじゃ!」 闇帽子は闇魔獣を呼び出す。 シュルルルッ!! 「きゃぁっ!?」 リリカの身体に、闇魔獣の触手が絡みつく。 ビリッ 闇魔獣の触手がリリカのスカートを破る。 「ふぇぇっ!?」 「ふぉっふぉっふぉ、かわいいお尻が丸見えじゃのぅ~♥」 「女の子のスカートを破るなんて、サイテーっ!」 「サイテーか? このぐらいでサイテーとは片腹イタイわい」 「ぴらっとな」 闇帽子が闇魔獣の触手を操ってリリカのパンツをめくると、リリカの秘部があらわになった。 「ひゃぁぁ!? なっなっ!?」 リリカは羞恥に震える。 「ひゃっひゃっひ! 言葉も出ないか?」 「ゲムドの触手には目玉が付いておってな、その目で見たものはワシにも見えるんじゃよ」 「えっ!? えぇ~~っ! という事は…」 「よ~く見えとるぞ。目の前で大パノラマのキレイなすじまんがのぅ♥」 闇帽子は下卑た笑みを浮かべる。 「いや~! そんなトコ、見ないでぇ~!」 リリカは涙目でじたばたともがく。 「どれどれ…、中も見てやろう」 リリカは手で触手の侵入を拒もうとするが、触手の力になすすべがない。 ずにゅううぅぅ~ 「ひぐぅ! 痛っ! やめてぇっ!」 「処女マンはキツキツじゃのぅ」 「おおぅ♥ おぉぅ♥ 中のひだが絡み付いてくるぞい。なんとも淫猥な光景じゃ♥」 「言わないでぇ~。恥ずかしいよぅ~。お願い抜いてぇ~!」 ずちゅ♥ずちゅ♥ ずちゅ♥ずちゅ♥ 「んあぁっ! ひぃっ!」 ビクッビクッとリリカの身体が痙攣する。 「しばし辛抱せい! 触手の体液でじきに良くなってくるわい」 「あっ、あん♥」 「キモチええのんか?」 「きっ、気持ち良くなんか…」 「あっ♥ あんっ…♥」 「そのわりには、声が変わってきたようじゃが?」 リリカの秘部からは、愛液と触手の体液の混ざったものが垂れている。 「この触手はのぅ、こうやって回転させる事もできるんじゃよ。ふぉっふぉっふぉ!」 ぎゅるるるる…と触手は横回転を始める。 ぐちゅちゅちゅちゅっ 「ひゃぁぁんっ♥ あぁあん♥ いぼいぼがっ♥ いぼいぼが中をかき回してるぅっ♥」 ガクガクッとリリカの身体が激しく痙攣する。 「そろそろええじゃろ…。おぬしの体の中に直接、闇のエキスを注入してやろう!」 「らっ、らめぇぇ~~~♥」 ぶっしゃぁ~っ!! どくんどくん… リリカの膣内に大量の精液が吐き出される。 「中に…、入ってきてる…」 「気に入ったようじゃのぅ。ほれ、こっちの穴もじゃ!」 触手をリリカの尻穴に押し当てる。 「あぐぅ♥ そこはぁっ!?」 「締め付けても無駄じゃぞ。触手の潤滑油で滑りがよくなっておるからのぅ」 ぬぷぷぷ… リリカの尻穴をぬるぬるした触手がこじ開けながら入っていく。 「ひぃやぁあぁ~♥」 「ええ声で鳴きよるわい」 「こちらにも闇のエキスをたっぷりと注入してやろう!」 どびゅるるるっ ぶしゅっ リリカの尻穴から逆流するほどの大量の白い液体が放出された。 「あ…、あぁ…」 リリカの目は光を失い、ひくんひくんと弱々しく反応するだけになった。 「さすがの魔法少女リリカも、とうとう希望の力が底を尽きたようじゃな」 「これで、2度とワシの邪魔はできんじゃろうて。ふぉっふぉっふぉ!」 ※ この作品は、ストーリーCG集「触手物語 -うねうねした触手で激しく感じちゃう-」のシナリオです。
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!