11 / 20

▶ [R18]【18禁版】「バーチャルドールとエッチなレッスン」の導入

■ミコトからのレッスンの依頼(1週間前の出来事) ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ■ プロジェクトルーム ■ ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― マスター、ミコトから『マスターに行ってもらいたいレッスンの内容』が届いていますので、今からご説明しますね。 私とミコトが長年、人間について研究・分析をした結果、『お色気・エロ』という要素が、人間にもっとも魅力をアピールする事ができ、また心を掴むためにも、とても重要である事がわかりました。 つきましては、マスターにはバーチャルドールたちに、『それらに関するレッスン』を行っていただく事になります。 それと、ミコトから伝言があるのですが、そのまま伝えてほしいと要望があったため、『録音したボイス』を再生します。 ―――――――――――――――― 【再生開始】 ミコト「マスターよ! 真面目なお主なら、さぞ驚いておるじゃろう。はっはっはー! 実は、この事はマスターと出会うかなり前から計画しておった事なのじゃよ。 そろそろ、例のレッスンを開始するぞと伝えたら、みんなやる気に満ち溢れておったぞ。 マスターがみんなにちゃんと好かれておるようで、わらわも安心して計画を進められると言うものじゃ。 では、マスター! 難しく考えず、役得と思って楽しむが良いぞ!」 【再生終了】 ―――――――――――――――― どのバーチャルドールにどんなレッスンを行うかの詳細は、毎回レッスンの前に『レッスンの依頼書』として、マスターと対象のバーチャルドールに届ける事になっています。 バーチャルドールたちには、マスターが困らないように『予習と復習』をちゃんとしておくように伝えておりますので、マスターは教えるというより、「相手になってあげる」くらいの気持ちで充分ですよ。 それではマスター、バーチャルドールたちの事をどうぞよろしくお願いしますね。 ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ■気持ちの整理(初めてこのレッスンを行う直前の出来事) ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ■ レッスンルーム ■ ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― 私は改めて、事前に届いた『ミコトさんからの依頼書』を見直している。 本当にこれをやっても良いものなのかと、何度見ても頭を抱えたくなる。 『キス、愛撫、手コキ、パイズリ、フェラ、素股、セックス……』 バーチャルドールたちとやってもらいたいという依頼書には、こんな卑猥な単語がたくさん羅列されていた。 ミコトさんとシスティさんいわく、バーチャルドールたちにとってこれは必要な事で、このレッスンをする事でさらに成長できるのだとか。 ミコトさんの言っていた「役得」とは、こういう事らしい。 みんな可愛いと思っているので、別に嫌と言うわけではないのだが……。 「データで作られている存在なので人間ではない(ゲームやアニメのキャラのようなもの)」 「製造されてから20年以上(つまり20歳以上)」 「見た目はただのグラフィックデータ(幼く見えても合法ロリみたいなもの)」 「これは『成人向け体感ゲーム』のテストプレイをするようなもの(現実ではない)」 などと、自分が納得できそうな理由をたくさん考えながら、今日この日を迎えるまで、なんとか気持ちの整理をつけようといろいろ考えてみた。 それでもなんとなく、気軽にやってはいけないような気がしてしまうのは、『データで作られた彼女たちを、自分と同じ人間として考えるようになってしまっているんだ……』という考えに思いいたって、それが一番納得してしまった。 そろそろ時間だ。 マスターとして、気持ちを切り替えないといけない。 私にできる事は、マスターとしてみんなの期待に応えられるように、誠心誠意、想いを込めてしっかりレッスンをしてあげる事だけだ。 決して、やましい気持ちでやるのではないぞ! ……あぁ、余計な事を思い出してしまった。 そういえば前に言われた事があったのだが、研究・分析のためにレッスン内容は全て録画されているらしい。 そもそも、レッスンルームなどを全て管理しているシスティさんは、常にモニターしているはずだ。 人間ではないとは言え、これはかなりの羞恥プレイだぞ……。 ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ―――――――――――――――― ――――――――――――――――
良い
エロい
萌えた
泣ける
ハラハラ
アツい

ともだちとシェアしよう!